学校 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

【フェラチオ】女子高生のゴミ、唾液【お口で】

私の家はアパートです。隣のマンション群の位置関係で、外側の道から少し離れた場所にマンションとマンションの間に
挟まれた場所があるのですが、そこは近くの女子高の生徒のたまり場になっています。誰が持ってきたかは知りませんが、
バス停の椅子みたいな長いすが置いてあって、夕方辺りから下校中の女子高生が集まって、タバコを吸ったり、
コンビニで買った食べ物を食べたりしています。私の家のベランダは丁度その場所が見える場所に有り、よく集まっている
女子高生を観察していました。その女子高はガラはかなり悪いですが、可愛い子が結構多い女子高で、たまり場の
女子高生も可愛いがたくさんいました。しかしガラは悪いので、女子高生が解散した後は、ゴミはそのまま、地面には
タバコの吸殻、痰唾(たんつば)が大量に落ちている状態でした。それでも近所からは特に苦情は出ていない様でした。
なぜなら、私が女子高生がいなくなった後、毎日きれいに掃除しているからです。もちろん近所の人は私が掃除している事は
知らないと思いますし、知っていたとしても掃除しているだけと思っているでしょう。そもそも位置的に人目につかない
場所です。実際の所は掃除ではなくて、全部家に持って帰って、オナニーの材料にしているだけです。食べ残しの
ゴミも結構置いてあるので、1人アパート暮らしの男には貴重な食料になっています。おにぎり、インスタントラーメン、
お菓子、ジュース等、多い時は食べ残しだけでまかなえる事もありました。食後の一服も吸い殻でします。
一つある難点は痰唾です。コレは地面に落ちているので、バケツに水を入れて洗い流すしか方法が無く、結構面倒な作業でした。
ある日、思いついて、洗面器に『痰唾はここにお願いします。』と書いた紙を貼って、たまり場に置いておく事にしました。
数日間は女子高生達は関係無く地面に痰唾を吐いていたのですが、しばらくするとほとんどの女子高生が、


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】包茎相談3:叱咤と努力【お口で】

芳子「私が初めて付き合ってエッチをしたのが15歳、中3の時で、相手は1つ下の部活の後輩。ウチのお父さんも祐平みたいに少し恥ずかしがり屋で、ちんちんを見せなくてね、それまで、ちんちんを見たことがなかった私にとって、彼とエッチをすることになった時は凄く興味があったんだ。もちろん、保健の授業とかで絵で勉強はしたけど、実物を見るのはその時が初めてでサ。最初は試験管みたいなんだろうなって思ってたんだけど、おちんちんを見た時はビックリしちゃってね。イメージと違って大きくて血管もあって、皮もしっかり剥けててね。当然、彼も初めてだったから大きくなってたんだけど、私、思わず近くにあった巻尺で長さを測っちゃったの。そしたら、20センチもあって、中2でこんなに大きいんだぁと思って驚いたの。中2って言う事はまだ成長期だからこれからまだ大きくなるんだなと思ってね。次に付き合ったのは高2の時で、相手は同級生。私、付き合った人のおちんちん、全部測ってるのよ。その人は22センチだったかな。やっぱり、高校生になると大人で、しっかり剥けてたね。1番大きかったのは、次に付き合った人だね。私が20歳の時で、相手は一回り上の32歳だった。凄く大きくて25センチもあった。小さくなった時でも14センチあったね。それで、その後で付き合ったのが今の旦那。旦那も高校生の頃に付き合ってた人と同じ位あったかな?だから大体の一般の大人のおちんちんは分かるんだ。みんな、それ位なんだよね。私、色々見てきてるから大丈夫だよ。」
何と、芳子が今まで見てきたペニスは全て祐平の包茎より遥かに大きいものだった。芳子は20センチ位のペニスが一般成人男性の大きさだと思っており、祐平の手の中に隠されているペニスもその位だろうと予想していた。それだけに大人の包茎のペニスに興味津々だった。逆に祐平は自分の包茎がそのどれにも劣って小さい事に衝撃を受けていた。何度も男性との肉体関係を持った芳子からすれば祐平に安心させたつもりでいたが、反対に祐平は自分の包茎が他人のものより著しく小さい事を知らされ、余計に見せられないでいた。
何秒か沈黙が続き、祐平は未だに股間を手で隠していた。
すると、さすがに芳子は祐平の態度に嫌気が差したのか、「はぁ、」と溜め息を捨てた後で鋭く言った。
芳子「祐平、もういい加減にしなさい。」
祐平「ご、ごめんなさい」
祐平は少し怯えたように言った。
芳子「何度も言ってるけど、先生、祐平にもっと自身を持ってもらいたいの。先生だって、恥ずかしい事を今話したんだよ。それとも、ここまでしておいて、結局何も変わらなくていいの?」
祐平「い、いや」
祐平は芳子の質問に否定した。
芳子「だったら、さっさと手を退けなさい!」
今までゆっくり自分のペースで脱いでごらんと優しく話していた芳子はさすがに待ちきれない様子できつく祐平に当たってしまった。祐平は驚いたが、次の瞬間、芳子は我に帰ったように怒った事を後悔し、祐平に謝罪した。
芳子「ごめんなさい、こんなに言ったら余計、いやだよね。」
祐平「い、いえ、僕に自信がないのが悪いんです。」
祐平も弁解した。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】教育実習生【お口で】

高校の時、大学から教育実習生が来た。
笑顔が可愛らしいく、黒髪のセミロングが良く似合っている人だった。
個人的にど真ん中ストライクだったので初めて見た時ドキドキしたのを覚えている。
彼女は私が好きだった世界史の担当だったので、授業が嬉しくてたまらなかった。
とりあえずきっかけを作るために積極的に質問しにいったりしていると
廊下で出会ったら相手から喋りかけてもらえるぐらいに仲良くなった。
私は遅刻癖があり、嫌いな教科がある日は昼からなんてことはしょっちゅう。
その日も1・2時間目にかったるい授業があり、3時間目の休み時間から登校した。
いつも通り教務課の先生のお小言を聞き流し教室に向かう。
ドアを開けるとクラスメイトは誰もいなくて、先生がぽつんと座っている。
突然の展開に驚いたのは言うまでも無い。
「せんせぇ〜おはようございます〜」
「あら、社長出勤とはいい御身分ですこと」
「そんなん言わんとってよ〜せんせぇはなんでここにいるん?」
「二時間目は授業やったんよ。それで終わったから報告書みたいなものを書いてるの」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】林間学校で…②【お口で】

駄文・長文ですいません。
やっと時間が出来たので続きを書きたいと思います。
興奮の朝風呂の後、上はS先生のTシャツ 下は裸のままで寝ていました。
担任の様子見も追い帰してくれていたS先生の横で、熟睡していました。
朝食の時間という事もあり、S先生が私の部屋にカバンを取りに行ってくれていました。
そして、起こされS先生が見ている前で着替えをさせられました。
私:「恥ずかしいからアッチ向いててよ!。」
S:「さっき、あんなことしたのに…」
今考えると、完全に羞恥責めです。
そして、S先生にTシャツを返し、自分のTシャツとジャージに着替えました。
その後、自分のクラスに戻り朝食を取りました。
もちろん、私は2日目のオリエンテーリングに参加できるものと思っていました。
ところがS先生は担任に、「熱は下がったみたいですが、本調子ではないので無理だ!」と言っていました。
そして、朝食後 担任に別行動を宣告されました。
本来ならば、怪我や病気のヒトはここで強制送還させられるところですが、何故かそのまま宿に残っていました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】美和子【お口で】

彼と結ばれてから一週間がすぎました。
大げさに言えば『処女喪失』から一週間です。
処女から卒業して数日間は性器の痛みがひどくて辛かったです。
歩く時には両足の間を少し広げて歩いて居ました。
性器に彼の分身が刺さったような気分でした。ぎこちない歩行でした。
彼が進学の為に東京へ行くのが判っています。
彼が岡山に居る間は二人の時間を作りたいとも思っていました。
彼から電話が有りました。
今から逢いたいとの事でした。
二人は待ち合わせの場所からバスでホテルの近くの停留所まで行きました。
停留所からホテルのフロントまでは500メートル位だったと思います。
手をつなぎ風景の中を歩いて行きました。
平日の午後ですから閑散とした道路でした。
ホテルのフロントで部屋を申込んでキーを受け取りました。
エレベーターを経て部屋まではボーイさんが案内してくれました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】まさかの3P【お口で】

僕には三年間つきあっている彼女 光稀(仮名)がいるしかしそれを知っているはずの光稀の親友彩(仮名)が告白してきた!僕は光稀のことが大好きだったのでゴメンといって振ってしまった・・・しかし彩はあきらめ手くれずその場で泣いてしまった。そこで僕は慰めていると突然光稀が入ってきて一回くらいならやらしてあげなよと言い教室を出ていってしまった。僕が悩んでいると彩がここじゃやだからうちいこっと言ってなぜか僕が彩とやることになってしまった・・・教室を出ると光稀がうちも混ぜてと言い3Pする事になり早速彩の部屋へいくと彩と光稀がいっせいに服を脱ぎだし僕に抱きついてきたので僕は興奮してしまいあそこがカチカチになってしまった彩のパンツの中はもうグチャグチャになっていたのでかたてでおっぱいを揉みながら手マンするとすぐにいってしまったその間に光稀が僕のモノをしゃぶってくれていたのでゴムを付け入れていい?と聞くといいよっときたのでバック出ぶち込みました。光稀はアンッアンッと色ぽい声をだし僕と同時にフィニッシュしましたその後三人で何回もやりました。今でもたまに彩が光稀に許可をとって3Pやってます


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】青春だ~~の続き【お口で】

その後、俺達は付き合い始めた。そして高校を同じ学校に行った。高3の時に同じクラスになって学級委員になった。
あの日、学級委員の仕事で二人だけ学校に残っていたとき、ふとあの日の事を思い出した。あの時は、まだBカップしかなかったが、今みたら、Eぐらいあるとおもう。俺は、後ろにまわりおっぱいを揉み始めた。
最初は、ビクッとなったがそのまま止まっていた。
「あっ……アン………んん、あっ…ああ」
感じている声を出し始めた。椅子を倒れし、制服のボタンを取った。そしてブラも取った。ブラの裏に汁がついていた。もしや、と思いおっぱいを揉んだ。やっぱり…母乳だった。
「アッ……アッ…」
中学の時に射精したせいで、母乳が出るようになってしまった。
おっぱいに俺はしゃぶりついた。
「あっ……ヤダッ……あん……ン…んン~」
おっぱいを揉みながら、スカートの中に手を入れた。もうパンツはびしょびしょだった。
俺はびしょびしょのパンツを脱がして、チンポを出してマンコの中に入れた。そして数秒間ですぐに射精。多分30秒ぐらい射精したと思う。
お互い裸の状態で抱き合った。もう、教室内は精子でベトベト。Eカップのおっぱいがあたるたびに、母乳がでる。キスをしながらずーっと抱き合っていた。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】包茎相談4:開放と感想【お口で】

芳子「さ、祐平、今度はあなたの番よ。」
芳子は祐平に催促して、祐平の足元でしゃがんだ。丁度祐平が隠している手の前に芳子の顔があった。
祐平「え、で、でも」
それでも祐平は躊躇している。
芳子「でも、なに?先生、祐平のためにここまでしたんだよ。それにこれ以上は脱がないよ。先生だって結婚して子供もいるんだし。常識的に考えて無理よ。」
祐平「い、いや、そういうことじゃ・・・」
祐平は決して芳子に裸になってもらいたい訳ではない。勿論、男の欲望としては脱いでもらいたかったが、むしろ、ここまでしてくれたことに感謝しているのである。
芳子「じゃ、どういうこと?『やっぱりダメです』なんてのは通用しないからね。ちゃんと約束したんだから。」
芳子は再び鋭くなる。
祐平「は、はい。がんばります。」
祐平は今度こそと思い答えた。
すると芳子は祐平の前でしゃがみ、股間を押さえている祐平の手にそっと両手を添えた。
芳子「がんばってね。絶対に笑ったりしないから。踏み出してみて。」
芳子の優しいエールは祐平の心を楽にした。
祐平「はい」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】びっくりしたこと1【お口で】

「ゆずか[名前を名字に代用]、お前委員会に入ってないのに帰るの遅くねーか?」ゆずかの顔が赤いことにふと気づく。「どうした?熱があるのか?」ゆずかは黙って首を横に振る。「もしかして好きな人でも思っているのか?」ゆずかはぴくっと体が震えて、今度は首を縦に振った。ちょっとショックだったが、同時に誰が好きのか、聞いてみたくなった。「誰が好きなの?教えてくれ」と頼むと、案外あっさり口を開いてくれた。「私の好きな人は、えっちゃん[自分のあだ名で、同級生の間では普通、むしろ名字で呼ばれるのは珍しい]、あなただよ。!」ゆずかは珍しく大声で言い、更に顔が赤くなっていた。自分は状況が飲み込むと混乱した。「えっえっ、いつから?」「小学五年からずっと好きだったの、あなたの明るさと、少しエッチなところが」「もしかして、俺がパンツ覗いてることも。」「当然しっていたわ、でも好きだったから短パンは履かなかったわ。突然だけど、私のこと好き?」ゆずかの真っ直ぐすぎる視線をみつめて自分の気持ちを言う。「僕は去年からだけど、君のことが好きでした。」その瞬間ゆずかは満面の笑みになり抱きついてくるなり、キスをした。初恋の人とキスが出来た。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】学校で援交【お口で】

同じクラスの美里ちゃん。小学校からの同級生でけっこう仲がよかった。高2の夏休みが明けた頃、美里ちゃんは
お金に困ってたらしくバイトを探していて、高収入ないいバイトがないかとよく聞かれていた。
その日も美里ちゃんは、昼休憩一人でなにやら雑誌を見ながらバイト先を探してるようだった。
「Hなサービスしてくれたらバイト代出すよ」ってジョーダンのつもりで言ってみた。
そしたら、まさかの「ほんとに!?何すればいい!?」って食い付いてきた。
「いやいや、マジにすんなよ」って笑って流した俺に胸が当たるくらいグッと近寄ってきてちんこをそっと
撫でながら「女の子その気にさせといてそりゃないよ~」って甘えた顔にドキッとした俺。
バイト代入ったばかりでお金には余裕があった。
「じゃあ、口でしてくれたら3千円。口内射精で4千円。」って言うと、「いいよ」って超笑顔。
誰もいない家庭科調理室に行き、美里ちゃんの温かいお口で包み込んでもらった。
初めてのフェラ体験。
手でやるより数倍気持ちいい。
10分くらい我慢したがもう限界「逝くよ!口の中でいい?」って言うと咥えたまま小さくうなずいた。
気持ちよさから量が多めで精子タンクが空っぽになるまで全部出し切った。
精子を口に含む美里ちゃんの顔がエロかった。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ