年上 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

【フェラチオ】先輩のSさん【お口で】

高校を卒業して地元の中小企業に就職し1年が経過した頃の話。
高校は男子校で浮いた話も無く、部活で時間も割かれていたのと、精神的にも子供ぽかった自分は当然の様に童貞であった。
しかし性に関しては興味はあった訳で…
就職して半年するかしないかで会社の慰安旅行があった。
当時は羽振りが良く海外旅行。
しかも参加者は全員男性ばかりで考えている事は皆●春の事。
自分もそれに外れる事無く、会社のオッチャンと宿泊先へ女性をデリバリー。
…ハイ、素人童貞となりました(笑)
そんな自分もそれから数ヵ月後に彼女が出来た。
それまでは大して密に話した事が無かった4つ歳上の女性事務員のSさんから『K君、彼女出来たんだ!?
初々しいなぁ』とか、言われる様になった。
Sさんは茶髪のロングヘアで少しヤンキー風、顔は女優の水沢アキ(古いか…)を若くした感じ。
今まで見た目で判断しあまり近寄らずにいたので、話し掛けられた時には少し驚いた。
それから数日後、たまたま廊下で会ったSさんに又話し掛けられた。
Sさん『K君、彼女と上手くいってる!?』


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】年上女性ってスゴイ【お口で】

俺(K) 36歳 バツイチ独身(離婚してから7年) 背は180くらい 見た目はフツーだと思う。
彼女(M) 41歳 同じくバツイチ独身(離婚後5年) 20歳の娘がいる。 スタイルはいいほうだと思う。 
 小柄155くらい。渡辺真里奈に似てる感じ。

出会いは友人の紹介。
俺「彼女と別れて結構たつから カノジョ欲しいなぁ・・」
友人「40くらいのバツイチの人だったら 『カレシ欲しい』って人いるけど紹介しよか? 40くらいには見えんよ。」
俺「40なら範囲だから頼むわ~」と友人を介して出会う。
M「こんにちは。Mです。」
出会った最初の印象は「清楚な感じ」だった。

・・・・

自己紹介も済まし出会いから2週間くらいでメールや電話もし、話も結構合い 付き合うことになりました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】美和子物語 竹下さん 別れの手紙【お口で】

美和子物語 竹下さん 別れの手紙
吉井さんと結ばれた翌朝、生まれたままの姿でダブルベッドでの上でお目覚めです。
二人は手を取り合っています。
激しい営みで美和子の身体には吉井さんの血が流れています。
美和子は彼の胸に頬を寄せています。
彼の手は美和子のベビーに手を添えています。
昨夜の営みの以来、彼を生涯の伴侶と決めていますから・・・。
繰り返し、繰り返しの交わりでも彼のジュニアはお元気でした。
お部屋のレースのカーテン越しに奈良公園の木々の緑が映えています。
美和子の手が彼のペニスへ導かれました。
ビックリです。ジュニアはお元気です・・・。
彼は美和子の両足を左右に広げています。
唇がクリに近付いて舌先でタッチしています。
自分で行うオナニーに比べて数倍の満足度です。
クリが固くなって勃起しています。彼が歯で噛んでいます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】美和子物語 竹下さん さようなら【お口で】

美和子物語 竹下さん さようなら
土曜日の夕方の航空機で二泊三日の小旅行に出かけます。
吉井先生から航空券が届いていましたから別々に搭乗する事にしていました。
美和子は空港へ30分前に到着していました。
吉井さんも同時刻に到着されていました。
私は前方に着席しました。吉井先生は後部の座席でした。二人は離れて着席する事で下打ち合わせが出来ていました。
目立たないようにしましょう・・・。
座席はほぼ満席状態でしたが通路側の席が指定されていましたのでその場所に座りました。
お隣が空席なら窓際の席へ移ろうと思っていましたら40歳くらいの男性が来られて着席されました。
短い時間ですから景色を見なくても良い。そのような気持ちでした。
飛び立ってシート着用のサインが消えた時に隣席のお方が景色をごらんになればと言って席を替わってくださいました。
空から見ると岡山の夜景が素敵に見えました。隣席のお方は風景を説明してくださって親切なお方でした。
ただ、風景の説明時に指さされる仕草の中で美和子のバストに触れそうになって困りました。
伊丹空港へ到着する前に名刺を下さり、『電話番号の場所を指さして連絡して・・・』との仕草をされました。
下着へ垂らしたコロンの匂いが誘惑したのかな? そんな雰囲気でした。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】昔の話【お口で】

子供の頃住んでいたアパートには独身男性が沢山住んでいたため
エロ雑誌がいつもゴミ捨て場に捨ててありました。
小学5年生だった僕はそのエロ本を拾ってはアパートの共同トイレの
大のほうに閉じこもり読みあさるのが大好きでした。
そんな事をしているうちにいつのまにかオナニーも憶えたのでした。
そんなある日いつものようにトイレでオナニーに耽っていると
突然ドアが開きました。
どうやら鍵をかけ忘れたらしく、そこには横井さんという30過ぎの
独身の看護婦さんが呆然と立ちつくしていました。
どうしていいかわからずに横井さんを見上げていると横井さんは笑顔で
「たっちゃんもそんな年頃になったんだぁ。」
と言ってトイレに鍵をかけました。
そしてぼくを後ろから抱きしめてシャツの中に左手を入れ
僕の乳首を軽くつまみました。
そして


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】映画館で知り合ったおじさんと3【お口で】

おじさんは僕のチンポを口に含みながら舌先で亀頭を刺激したり吸いながら根元までくわえたりしてきました。しばらくフェラされていると「俺のもしゃぶってみる?」と聞かれ「はい」と答えると横向きで69になりました。僕の目の前にはまだ勃起していないずる剥けのチンポがあります。僕はおじさんのチンポをつまんで亀頭の先や裏筋に舌をはわせたりした後口に含みました。おじさんねチンポを吸いながら頭を前後させたりしているとおじさんのチンポが段々大きく堅くなってくるのがわりました。おじさんは「気持ちいいよ、チンポ美味いか?」と聞いてきたので「はい、美味しいです」と答えました。すると「じゃあ今度はもっと気持ちよくしてあげるからね」と言うと僕を仰向けにしてお尻の下にクッションを置かれ脚を抱えるように言われました。今までで一番恥ずかしい姿勢でアナルが丸見え状態です。おじさんは僕のチンポを軽く扱きながら「アナル綺麗だね」と言って舐めてきました。くすぐったいような変な感じ。「かわいいアナルだね、ヒクヒクしてるよ」と言って舐めたり舌先でつつくようにされたりしました。おじさんはローションを取り出すと僕のアナルに塗って指でマッサージするようにしてきました。「今まで何か入れたことある?」と聞かれ「指しか入れたことないです」と答えました。「じゃあ指入れるよ」と言うとアナルに指を押し付けてきました。マッサージのおかげかニュルッとした感じて指が入ってきました。僕が「あっ」と声をあげると「入ったよ、痛くないよね?」と言ってゆっくり指を出し入れしてきました。自分の指とは違うゴツゴツした感じ。一度指を抜くと今度は2本の指でマッサージしながら「今度は2本入れるからね」と言うと徐々に強く押し当ててきました。「痛くない?指の先は入ってるよ」と言われ「痛くないけどちょっと苦しい感じです」。「リラックスして身体の力抜いて。アナルが指を締め付けてるから」と言われました。おじさんはゆっくり出し入れしながら徐々に指を押し込んできて「大丈夫?指が奥まで入ったよ」と言われました。そしておじさんは指を出し入れしながら僕のチンポをしゃぶってきました。今までにない刺激に僕は「あっ、もう出そうです」と言うとおじさんは僕のチンポを手で扱いてきて僕はそのまま射精してしまいました。おじさんは僕の精子を拭きながら「凄い飛んだね」と言って首もとまで拭いてきました。おじさんは指を抜いたあとちょっと休憩に。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】チャットセックスから…【お口で】

先月の休みの日のことです。
本当はその日、彼氏と遊びに行くはずだったんだけど、前の晩につまらないことで口論になって、
結局大げんか。泊まっていくはずだった彼氏は怒って帰ってしまったのです。
それで次の日、しょうがなく部屋で一人でごろごろしてたんですけど、退屈でしょうがなかったので
(ちょっとした興味もあったし)ぐぐって捜した2ショットチャットに入ったんです。
どこのチャットだったかはもう忘れちゃいましたけど、背景が黒だったのは覚えています。
地域別に別れていたので、私の住んでる地域を選択して部屋を作って待っていました。
”退屈なのでお話ししませんか”って感じだったかな。
作ってすぐに何人かの男の人が入ってきたけど、みんなすぐに電話とか会おうとかって話ばっかりだったので、
(いきなり下着の色を聞いてきた人もいました。あと、やりたいの?とか濡れてるの?とか・・・)
それはさすがにちょっと嫌だったので、そういうのが目的じゃないことをいって謝ったりしてたんですが
いきなり落ちていく人や逆ギレする人、それでもしつこくソッチ方面の話する人ばっかりだったのです。
(あ〜、なんかやだなぁ、でもこんなもんなのかなぁ)
って思って部屋を閉じかけた時でした。
名前は確か、”かず”って名前だったと思います。一人の男の人が入ってきました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】ゆか姉と。【お口で】

これは、僕が小学四年生の時の話です。
ある時、僕は従姉の家族と一所に旅行することになりました。
従姉は僕の二歳上で小学六年生でした。
僕は従姉と仲が良く、旅行中もいつも一緒でした。

ある時、旅行中に急に海に行くことになりました。
海に着くと、僕は海パンを持ってなかったので、買ってもらい着替えました。
従姉も水着に着替え終わっていたので、一緒に遊びに行こうとしたとき、従姉が急に僕の手を取り、
従姉の母親に「人が多いから人気のないところに行ってくる」と伝え、従姉と僕は人気のないところに向けて走りました。
僕は従姉に引っ張られながらも走りました。
人気のないところについたとたん、従姉はピタッと止まりました。
そして「ここなら大丈夫かな」と言って水着を脱ぎ出したのです。
僕は従姉に「ゆか姉、なんで水着脱いでるの?」と聞くと
従姉、ゆか姉は「はだかで泳ぐと気持ちいいよ?」と言い、僕の海パンもスルッと脱がしてしまいました。
こうして、はだかになった僕たちはそのまま海へ入りました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】姉ちゃんとセックス【お口で】

 僕が高校1年で16歳のとき、友達から教わったばかりのオナニーに明け暮れていました。もちろん童貞でした。
 僕は姉と同じ部屋だったので、最初のころは姉が留守のときだけオナニーをしていました。
 姉は3つ年上の19歳でOLでした。平日は朝早く出勤して、遅く帰ってくるので、安心してオナニーすることができました。
しかし、週末は姉と同じ部屋にいるので、オナニーできず悶々とすることもしばしばでした。
 僕と姉の部屋は寝るのも一緒ですが、姉に性欲を感じたことはありませんでした。
 ちなみに両親は土日も仕事なので、姉が居間にいるとき、チャンスと思い、部屋でオナニーをおっぱじめたところ、何の前触れもなく、ふすまを開けて、姉が入ってきました。
 下半身裸で勃起した息子を右手で握り、左手でエロ本を押さえているところを思いっきり見られてしまいました。
姉は「あっ!」と声をあげて、びっくりしている様子でしたが、すぐに「あー、ゆう君(僕)もするんだ?」をいたずらな笑顔で聞いてきました。
 僕は何も言えずに黙っていると、姉はエロ本を取り上げ、「こういうの見てするんだ?」と言いました。
 姉は「本物見たくない?」をまたいたずらな笑顔で聞いてきました。
 黙っている僕を尻目に姉はワンピースを脱ぎ始めました。姉の下着姿にしぼみ始めた息子が再び勃起してきました。
姉はブラジャーを外し、パンティも脱ぎました。Dカップはある大きな胸と白い全裸に黒々とした下半身に見とれていると、姉は「じっくり見てもいいよ。」と言いました。
僕は「触ってもいい?」と聞いてしまいました。姉は笑顔でうなづき、右手を大きな胸に左手を下半身に導いてくれました。
怒られると思った後のありえない展開に、興奮が頂点に達した僕はそこで発射してしまいました。
姉のからだに僕の精液を飛ばしてしまいました。また、床も汚してしまいました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】スナックのママ【お口で】

小6の時、親父と行き付けのスナックに一緒によく行ってた。ある時親父が酔いつぶれ、スナック内の
店の中の畳の上で寝かされていた。俺は親父の横に添い寝していたが店が閉まる深夜1時頃、ママがやってきて
俺だけ起こされた。他の客はみんな帰り、店の中にいるのは親父以外は俺とスナックのママだけ。彼女は
40歳位で小柳ルミ子似。彼女は少し酔っ払っていたが、その彼女から突然「気持ちイイことしてあげようか」
と耳元で言われた。
当時俺はオナニーなどの経験も無く、気持ち良い事なんて全く想像できなかった。
というよりも彼女のオッパイを触らせてくれるんだろうと思い、ドキドキしながら
ウンとうなずいた。彼女は俺の手を取り、別の部屋へと連れて行かれ部屋の鍵を
かけて、いきなりキスをしてきた。アルコールくさかったが、唇と舌の感触にゾクゾク
していた。俺も彼女の胸に手を持っていき、感触を楽しんでいた。すごく心地よく、
これが気持ち良い事なんだと思い、しばらくその行為が続いた。すると彼女はズボンの上から
ではあるが股間に手をもってきた。さすがにこれには俺もあせった。
ビンビンに勃っているチンチンを触られるなど初めてで恥ずかしかったからである。
勃ったチンチンを触って彼女は、硬いのねと言い、さらに強く触ってきた。そいて思わず
俺は痛いっ!と言った。すると彼女はズボンを脱ぎなさいと言ってきた。恥ずかしかったが


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ