母親 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

【友達と】母親と同級生の赤ちゃんプレイ【エッチ】

これは今から2年前の僕が高校性の時の話です。母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。息子の自分が言うのも何ですがとても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く恰好いい母親です。学校の参観日に来た時などクラスの友達から冷やかされることがよくありました。同級生のお母さんの中にも若々しくしているお母さんも結構いるのですが、母は同級生からみると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。同じクラスの祥平は何度も母のことをおかずにしてオナニーしているとよく言っていました。祥平は見た目ジャニーズ系で女の子からもよく告白されたりするのですが、同世代の女の子よりも年上の女性に興味があるらしく、いつもインターネットで熟女動画を観てオナニーするそうですが、最近は射精する瞬間は私の母のことを思い浮かべるそうです。特に先日、参観日に母が着てきた黒のタイトスカートと白のブラウス、そのブラウスのボタンが横に引っ張られるぐらい大きなおっぱいが忘れられないらしく、その母のおっぱいに吸い付きながら手で射精させてもらうことを想像してオナニーをしてるそうです。その時母は裁判所から直接来て、暑かったせいもあり、白のブラウスにうっすらと汗を描いていて、レースの黒のブラジャーが少し透けていたのを憶えています。たぶん母は大きな胸をなるべく目立たなくさせるために仕事の時はタイトなブラをつけていたと思うのですが、それが透けて見えると逆に胸の大きさが強調されてなんだかいやらしく見えました。腰も足も細いのに、胸とお尻は母親らしいボリューム感がり、何とも言えない大人の女性の匂いがしてきそうなその母の姿は、男子高校生には刺激が強かったと思います。息子の自分でもちょっと、ドキッとしてしまうのは確かでした。自分の母親をオナニーの対象としているという話は、あまり気持ちいいものではありませんでしたが、所詮男子高校生同士のよくあるエロ話の一つと割り切っていました。そんなことがあってから3ヵ月ぐらいあとのことだったと思います。たまたま具合が悪くなり学校を早引きし一人で家で寝ていたら、母が誰かと一緒に家に帰ってきました。仕事柄依頼人が家にくることもあったので、気にしていませんでしたが、何か様子が変な気がしたので、そっとリビングを覗いてみると、ソファになんと同級生の祥平が母と並んで座っていました。なぜ祥平がここにという疑問とともに、あれだけ母のことを言っていた祥平が最近冗談でも母の話題をしなくなっていたことを思い出し、悪い予感がしました。「ねえママお耳がかゆくなってきちゃった、お耳こちょこちょして」と祥平が普段聞いたこともないような赤ちゃん言葉を使い、しかも母のことをママと呼んでいます。「いいわよ、ママのお膝にトンしてごらん」と母もまるで、自分の赤ちゃんに話しかけるようです。祥平は母の膝の上に、母の方を向いて頭を乗せました。母はそんな祥平を愛おしいまなざしで見つめ、テーブルの上に置いてあった耳かきを取って、祥平の耳にあてていきます。「祥ちゃん気持ちいい?」と聞くと「うん、ちゅごくきもちいい。ママいつもみたいにお耳もぺろぺろして」「いいわよ、ちょっと待って」というと耳かきを横に置き、祥平を少し膝の方へ母から離すように押しやりました。母は、体を前かがみにして祥平の顔に近づき、唇を祥平の耳元まで持っていきました。母のちょっとぽてっとした唇から、先がとがった小さいけれど厚みのある舌がでてきて。祥平の耳をぺろぺろと舐めはじめました。最初は、耳たぶ、それから周り、そして耳の中を念入りに舐めています。祥平は耳が性感帯なのか相当感じるらしく、「うんーうんー」と女の子みたいな声を漏らし始めました。「祥ちゃんかわいい」という母の声に耐えられなくなったのか、「ママ」といいながら、左手は母の腰に回し、右手は母のあの大きな乳房を掴んで手を動かしはじめました。「もう祥ちゃんったら、いたずらしたらダメよ」と母は、冗談ぽく叱りますが、そのまま祥平がしたいようにさせています。だんだん母も感じてきたのでしょうか、足がバタバタと動くようになり、ミニスカートの膝が開くようになってきました。祥平もそれに気づいたのでしょうか、腰に回していた左手を今度は母のスカートの中に入れ始めました。そうこうしていると本気で感じ始めた母が自ら祥平の手を受け入れるべく膝を開きました。僕は、その時あっと驚きました。母はガーターベルトに母の大事な部分だけがやっと隠れる小さな真っ赤なTバックのパンティーをつけていました。たまに母の洗濯物を見ることがありますが、こんなセクシーでいやらしい下着は今まで見たことがありません。興奮した祥平は、母の膝から降りソファの下に膝立ちになり、母のスカートを完全に母の腰までずり上げ、そのいやらしい下着をガン見しています。「祥ちゃんそんなにじっとみたら、ママ恥ずかしい」と母は言い「ママ、今日もこんなにいやらしい下着をはいてくれたんだね」と祥平は、本当に嬉しそうにしています「そうよママ、祥ちゃんがエッチな下着が大好きだから祥ちゃんのためにはいてるの、でも今日一日はいてたから、ちょっと汚れちゃって恥ずかしい」「そんなことないよ、その方がママの、いい匂いがして、すごくいいよ」と言うなり、祥平は赤いパンティの母の大事な部分が当たっている場所に鼻を摺り寄せ、くんくんと犬の様に嗅ぎ始めました。「ああママのいい匂いがする」と祥平が歓喜の声をもらし、母もまんざらでもなさそうにうっとりしています。祥平はその後数分パンティーの匂いを心行くまで嗅いだ後、今度はパンティーの布と股の際の部分を念入りに舐め始めました。直接母の大事な部分を舐めているわけではないのですが、母も相当気持ちいいのでしょう「あーん、あーん」とまだ小さいですが、とぎれとぎれに声をだしています。「祥ちゃん、ママのパンティ濡れちゃう」「だってママのパンティ美味しいんだもん。もっと舐めたい」とさらにベロベロと舐め続けます。それを10分ぐらいしたあと、母が「ねえ祥ちゃん、ママがいつもみたいにしてあげるからこっちにおいで」と母が上体を起こして祥平を抱き寄せます。「うんママ、早く早く」と祥平はソファの上に目を輝かせて仰向けになりました。「ちょっと待っててね、いい子だから」と母が言うと母は着ているブラウスのボタンを外し始めました。ブラウスを脱ぐと、パンティとおそろいの真っ赤で、カップの部分が総レースでできているセクシーなブラに包まれた大きなおっぱいが現れました。いつも仕事用で胸を締め付けているブラとは全然違います。スカートも取り去った母の下着姿は、圧巻で、外国人モデルの様なボリューム感と、熟れた女の生生しさを感じます。ここで気づいたのですが、自分も完全に勃起しており、パンツに先走り汁がでてくるのがわかりました。母親を見てここまで興奮する自分が信じられませんでした。母はもう一度祥平を膝枕します。祥平は膝枕される前にパンツ以外を残し、全て脱いでいました。「祥ちゃん今ママのおっぱいあげるからね」といいながら、ブラの左のカップを下げるようにしておっぱいを出そうとしてます。祥平は、待ちきれないのか、口をとがらせて、おっぱいに吸い付きたいと懸命にアピールしています「さあ、祥ちゃんの大好きなおっぱいですよ。いっぱい、いっぱい飲んでね」と言いながら大きなおっぱいがを露わにしていきます。その乳房は、とても大きいのですが、若いグラビアアイドルなんかとは違って子供を産んでいるので、さすがに少し垂れています。でもものすごく柔らかく触ったら乳房の中に手が入りこむのではと思える弾力をもっているように見えます。そして乳首は、父をはじめ、それ以前関係のあった男たちに吸われ舐められ、指で転がされて、さらに子供を産んで、その子供(自分ですが)に飲ませて育てただけのことはあり、女性の人差し指の先ぐらいの大きさのぷっくりとしています。本当に吸いやすそうです。
また、乳輪も大きく乳首同様少し濃いピンクになっています。その乳房と乳首は、ただ大きい若い女性とは違い、ほんとうに卑猥で、むちゃくちゃに揉みしだきたく、おもいっきり甘えたいと思わせるものでした。母が祥平の頭を抱きかかえるようにし、胸を祥平の顔へもっていった瞬間、祥平はその乳首に勢いよく吸いつきました。口の中で、もぐもぐもぐもぐとまるで赤ちゃんが母乳を飲むのと同じよう吸いついています。「そう祥ちゃん、上手になったわね、最初は強く吸ったり、歯を立てたりママちょっと痛かったのに、本当上手になったわね、可愛いわ、おーよしよし」「ママーおっぱい美味しいよ、ママのおっぱい大好きだよ」「そうよ、いっぱい飲んで大きくなりなさい。ママのオッパイは祥ちゃんのものよ。はい今度はこっちのおっぱいも飲んでね」と言って母は右側のカップも下にずらし、おっぱいを出して準備しています。その間も祥平は左の乳首を口から離しません。右のおっぱいが完全に露われた瞬間、祥平は左の乳首を離し、新たな乳首に必死に吸い付きます。「ほらほら大丈夫よママのおっぱいはどこにもいかないから、ずーっと祥ちゃんのものよ」さっきまで祥平が必死に吸っていた左の乳首はまだ祥平の唾液がいっぱいついていて、色も赤みが増し祥平に吸われる前より、間違いなく一回り大きくなっていました。母はまるで赤ちゃんが吸った後、まだ乳首に母乳がついているかのように、その吸われた乳首をブラジャーのカップの布の部分でちょんちょんときれいに拭きとります。拭き取ってしばらくすると、祥平が拭き取られた方の乳首にまた吸い付きます。その繰り返しが、その後何度も続きました。「ママー、ママー、僕おちんちんからしーしーしたくなっちゃった」と祥平が言いだしました。「まあー、祥ちゃんしーしーしたくなっちゃったの、じゃあ今ママが、しーしーさせてあげるね」といい、祥平のパンツに手を持っていきました。それまで気づきませんでしたが、祥平のパンツの中身は明らかに大きくなっていました。母が祥平のパンツを下げるとそこから、ものすごく大きな男性器が飛び出してきました。それはインターネットで見たことのある、黒人並のサイズでした。今赤ちゃんになりきってる変態男のちんちんとしては滑稽なくらいの大きさでしたが、そのアンマッチがこの状況をよりいやらしくさせていました「おーよしよし、祥ちゃんのおちんちん苦しそうだねー、ママが今楽にしてあげるからね、ほーら力抜いて、全部ママの手にあずけてごらん」「ママのお手手気持ちいいよ」「もっと気持ちよくしてあげるから、いつもみたいにどうして欲しいか言ってごらん」「ママー、もっと、ぎゅっとママの手で握って、強くしたり、弱くしたり」「わかったわよ、ママ、祥ちゃんの言うこと何でも聞いてあげる、ママ祥ちゃんの大きなおちんちん大好きだから」母は、母の手では収まり切れないほどの祥平のものを、強弱をつけて何度も繰り替えし握ったり放したりしました。その間も祥平は恍惚の表情を浮かべながら、母の乳首を吸い続けていました。「ママー、おちんちんからしっこでちゃう」祥平がそろそろ我慢の限界を訴えてきました。「祥ちゃんどうやってだす?どうしてほしい?」母が祥平に尋ねます。「ママのパンティーの中に出したい」「いいわよママも、ママのパンティーに出して欲しい」と言うと、母はパンティを脱ぎ、その脱いだパンティのちょうど大事なところが当たっていた部分を祥平の亀頭の先にあててこすり始めました。パンティーのその部分は、母の愛液で白く光っていました。「ママー、ママーもうだめー、いくよー」懇願するように祥平が泣き叫びだしました。「祥ちゃん、いっぱい、いっぱい出しなさい、いっぱい祥ちゃんの精子だして、ママのパンティを汚して」と母が言った直後、祥平の体が弓なり反り、まるでストップモーションの様に一瞬止まったかと思うと、ガク、ガク、ガクと3度腰が浮き上がりました。祥平の亀頭の先から放たれた精子は第一弾が母のパンティへドピュッと、第二弾はパンティの横からおっぱいにベチャッと、そして第三弾はあまりにも勢いが強く母の顔へビュッと飛び散りました。「ママー、ママー」と叫びながらも祥平は母の乳首を咥え続け、最後は乳首をぎゅっと噛んだのでしょう、母が一瞬ぷるっと震えたのが分かりました。それから僕はこの光景を思い出しながら現在まで、何度も「お母さん」と叫びながらオナニーをするようになってしまいました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】2人の男に犯される母 5【お口で】

俺は部屋に戻ろうとしましたが、なんだか様子が変です。
ちゅぱちゅぱという音が聞こえたかと思うと母がうっと苦しそうな声にならない声をあげているようです。
「だからダメって・・・」
なんか少しどたばたと言う音も聞こえました。母が抵抗しているようです
Bは無言でかまわずに母を愛撫しているみたいでした。もう一人の男も母の胸に吸い付いています。
「こんなの嫌だから・・・」母の泣き声が聞こえます
Bが無理やり母の手に自分のモノを握らせています。
「おい、お前もこい。俺が入れるから口でやってもらえ」とか言っています。
二人がかりで本当の意味で母を犯そうとしている!
母の泣き声がくぐもって聞こえます。
口を押さえられているのか何かで声が出ないようにされているのか…
そのままBは母の陰部に自分のモノをあてがって入れようとしていましたが、母が抵抗するのでなかなか入りません。
さすがの俺ももう我慢できませんでした。
部屋のラジカセからヘッドホンをはずし、音楽のCDを大音量で流しました。
そして部屋の扉をドン!とわざと大きな音がするように開けて、母の部屋につながる居間や廊下の電気も付けました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】2人の男に犯される母 4【お口で】

今になって考えると父が元気だったころから母は浮気の一つや二つくらいしてたのかもしれません。
そのパートは父の存命中からずっと続けてたところだし、Sと体の関係があった田中という人も人妻だったみたいですしね。
中学時代に見たセールスマンも、初対面でそこまでするほど大胆な奴がいるのかってあとから疑問でした。
まあその辺は憶測でしかないですけど…
Sはその後も週1回以上のペースで「夜這い」にきていました。
俺も音声だけじゃ満足できずに覗きに行くこともありましたが、やはり挿入するときになると電気を消すんです。
でもたまに月明かりの強い日や、朝方にしてたりするんでそのときは結構生々しく見ることができました。
Sが母の体をなめまわしたり、母が奴のモノをくわえたりする光景が今でも頭の中をよぎります。
でもなぜか一番嫌だったのがキスしてるところでした。
SEXしているところより奴が母と舌を絡めている姿でいつも胸が痛くなるような感覚に襲われたを覚えています。
いつだったか母が一人で帰ってきて少し酔っているような感じだったので冗談で顔を近づけるような仕草をしたら、
そのままキスしちゃったことがあります。
俺はすごく興奮しちゃって舌を入れると絡めてきてくれました。
そのまま胸に手を持って行ったんですけどそこからは抵抗されてしまいましたが、
上着を少しはだけた時に母の首の下のほうにキスマークがついていて、


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】2人の男に犯される母 3【お口で】

母に欲情する以上に、母が犯されてることに興奮するってのはたぶん寝取られ属性みたいなものなんでしょうね。
今となってはわかるけどその時点では得体のしれない淫靡な感情に頭がおかしくなったのかと思ってました。
まだあれから数年しか経ってないけどあのどろどろした下半身のうずきを鮮明に覚えています。
男が2人になってややこしいので最初の奴をS、2人目をBにします。
その後しばらくBが家に来ることはなかったんですけど母がたまに飲んで帰ってくるときは送りに来てたみたいで、
付き合ってはいたんだと思います。
母のカバンを覗くとゴムやラブホのロゴが入ったライターとかのノベルティ?みたいなものもあったから
そういう場所でSEXしてたんでしょう。
しかしあんな強引な迫り方でレイプまがいのことをされても付き合う母がすごくいやらしい女に思えました。
その反面なんだか恋人を奪われたみたいな喪失感でいっぱいになりましたね。
そして自分の知らないところで母が犯されていると思ったら疎外されてるみたいで妙にくやしかったですね…
1か月くらい経ったある日、深夜に母が誰かと帰ってきました。
Bがきたのかと思っているとなんか様子が違います。
もう「盗聴器」の電池も切れかけているみたいで鮮明には聞こえませんでしたが、男はSでした。
「あんたはもてるんやね。○子さんが加奈さんが男と一緒に歩いてるのみたって言ってたよ」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】2人の男に犯される母 2【お口で】

盗聴してるとたまに痴話げんかみたいなこともしていました。
どうやら男のほうが他のパートさんにも色目使ったり誘ったりしてる様子です。
腹も出てて冴えない顔で見た目は汚らしくてダサいのに口はうまいようでした。
「昨日田中さんになんか渡してたでしょ。山本さんが言ってたわよ」
「あれはただおみやげ渡しただけやん。みんなにも配ったし」
「なんで田中さんだけ個別で渡すの?みんなの前で渡せばいいのに」
「違うんよ。彼女には別に頼まれてたもんだから。一人だけ違うの渡すのもおかしいから別にしたんよ」
「じゃあ田中さんと付き合えばいいやん!私も違う人と付き合うから!」
そんな感じでなんか子どもと変わらないような内容の喧嘩もよくしてたんですよね。
母は頑固だからそういうことがあるとなんかなか機嫌が直らないので、そのままふて寝したようです。
そういうのを聞いたときは俺も内心気分良かったのも確かでした。
「今日は母がおっさんに犯されないで済む」とか思ってたくらいです。
でもまさかまた違う展開になるとは考えてもみませんでした。
2週間くらいだったかな?しばらく男の来ない日が続いたんです。
普段は1週間に2回くらいは来てたんで、別れたのかなとか思って俺もなんだかほっとしてました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】2人の男に犯される母 1【お口で】

俺は19歳のとき母と他人のSEXを見たことがあります。
父が死んで1年経ってたしまだ40過ぎの体持て余してたんだろうけど、ショックと興奮で複雑な気分だった。
母は少しぽっちゃりしてますが萬田久子を小柄にしたような感じで愛想がよくてブス可愛いって雰囲気。
父が生きてるときから結構おっさん連中にもててたみたいで、何度か冗談交じりで口説かれてたのを見たことあります。
俺が中学の時も帰宅したらなんかセールスマンみたいな奴が家に上がりこんで迫ってる最中だった。
押し倒されてはいなかったけどあわててそいつが握ってた母の手を離すの見えたんですよね。
こたつから立ち上がる時にズボンのベルトが緩んでてチャックも開いてたからペッティングくらいはしてたのかも。
そんな感じの母だから父が急死した時は心配ではあったんですけどね。
その男はパート先の上司ですが、ちょくちょく夜中に二人で母の部屋にしけこんではいちゃいちゃやってるのは知ってたし、
まあいい大人だからきっとそういうことしてるとは思ってたけどね。
ある日夜中に喉がかわいておきたら母の部屋から光が漏れてひそひそと小さな笑い声が聞こえたんです。
もしかしたらと思って足音を忍ばせふすまの隙間から覗くとスタンドライトの小さな明かりの中でキスしてる最中だった。
舌を絡めながら長いことキスしてたかと思うと、男は母の耳元から首筋にかけて舌を這わせだしました。
そのままスリップをまくり上げると乳房に吸い付いてちゅうちゅうと吸い出しました。
母の手は男の下半身をさするような感じで動いています。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】友達のお母さん【お口で】

中1の時あったエッチなできごと。
ちょうど性に目覚めた頃、俺の友達(親友)のお母さんをすごく好きになってしまった。
友達のお母さんは、すごく美人ですごく巨乳のお母さんだった。歳はまだ30代くらい。
特に巨乳がすごくて、今思えばたぶん100近くあったんじゃないかと思う。ニットの服なんか着て
た時は、もう辛抱できないくらいだった。俺がよくその友達の家に遊びに行ったのは、遊ぶためよりも
そのお母さんに会うためだった(ホントに)。もう3日に1回くらい行ってた。
ある時、その友達が新作のスーファミのソフト買ったって言うんで俺もすごくやりたかったから、友達の
家までアポなしで行った。その時は、友達のお母さんに会いたいって言うんじゃなくてただゲームがしたかった
から友達の家に行っただけだった。
家についたんだけど、そいつは塾行ってていなかった。45分もかけて自転車で
行ったのに。でも、そいつのお母さんが一人だけいて、せっかく遠いところから来たんだから
ってことで家に入れてくれてお菓子とかをくれた。もちろん、2人きり。俺はテレビのある寝室と居間が
合体したような部屋にいて、友達のお母さんはキッチンで晩御飯作ってた。俺のいた部屋にはいろいろしまってある
タンスとかあって、そのそばに取り入れたばかりの洗濯物が置いてあった。で、その中に友達のお母さんの
黒い下着があるのを見つけた。どうにも興奮してしまって、見られていないことを確認して


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】マスターベーション【お口で】

俺が高校2年の時でした。我が家は俺が中学1年の時母はは離婚して俺を連れて安いアパートで暮らしていた。4.5畳の床の台所とその隣に小さな風呂と、6畳2間の襖続きの部屋でした。俺と二人暮らしとなった母は当時38歳だった。母は俺を育てるためにずっと働いてくれていた。ある夏の日のことだった。当時母は日曜日以外は祭日も仕事に行っていた。俺は一人で昼食を済ませ、ぼんやりとテレビを見ていた。もちろんそのころはマスターベーションも覚えてその気になったらしていた。
その日は暑くクーラーの無い部屋なのでブリーフ一枚で半裸姿でいたのだが、熱いのでブリーフも脱いで全裸の状態でマスターベーションをしようと思った。休みで時間もあるのですぐに射精しないように、ゆっくりと行きそうになると手を休めてまた再開することを繰り返していた。するとその時突然襖が開いた。眼を開けるとそこに母が立っていた。もう言い訳のしようがない。母は小さくやさしい声で「昼間からしているの?賢ちゃんも年頃だから仕方ないけど、終わったらちゃんとくず箱に入れときなさいよ。よく布団の中にティッシュが忘れたままになってるわよ。それに夢精をしたら自分でパンツを洗わなくてもお母さんがちゃんと洗ってあげるから・・・」と。俺は夢精をした時はこっそり風呂場でその部分を洗って洗濯干しに干していた。
どうしていいかわからず、前を手で隠していたら「どうしたの?もう出したの?まだなんでしょう?早く出したら?それとも今日だけお母さんが出してあげようか?と思いがけないことを言った」。俺はびっくりして、なにも言えないでいると。俺の横に座り隠していた手を外し、俺のすぼみかけたペニスを手で握ってくれた。「まあ、成長とともにもうすっかり大人のおちんちんと賢ちゃん同じぐらい大きくなっていたんだね。毛もすっかり生えて・・・」と、手を上下にゆっくりと動かしながらいった。
女の人以上に年頃の男の子はこんなことしないと我慢できないんだね。気持ちいいかい?」といいながら。本当に自分で何回してもこんなに気持ちいいと思ったことはなかった。母は「お父さんと結婚した頃は、セックスだけでなく、私が生理の時はこうしてお父さんにも何度もしてあげたわ。」と思いだしながら言っていた。俺は母に「離婚してから、お母さんはどうしているの?セックスする相手はいるの?」と言うとそんな人いるわけないでしょう。馬鹿ね」と動かす手を休めてそういった。
俺はお母さんに「女の人だって、性欲は男と同じようなあるんだから、・・・じゃあお母さんも独身になってからは、一人でしているの?」とずばり聞くと、しばらく俺を見つめていたが「それはね・・・しかたないでしょう?おかあさんだってまだ
性欲は本能としてあるんだから・・・と。」少しゆっくりと手を動かし始めた時「賢ちゃん、今日だけ、賢ちゃんが射精したら
それを口に出させてあげようか?と。俺は黙っているといきなり上下に動かす手を早めて来た。一気に射精感が強くなり、腰を弓なりすると母は覆いかぶさるようにして俺のペニスをパクリと咥えて。と同時に何度も何度も激しい勢いで射精してしまった。母は喉を鳴らすようにして俺の精液を飲んでくれた。終わった後母は「どう?すっきりした。沢山出たわね。高校を卒業したら早くいい彼女が出来るといいわね」と何事もないように向こうの部屋に行った。以後狭い風呂から上がると全裸のまま
用意してくれている食卓に着くと,「賢ちゃん、いくらお母さんの前だと言ってもパンツ位穿きなさいよ。そんなものぶらぶらさせないで。」と笑いながら言った。続く。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】母と若い男【エッチ】

うちは母子家庭で母(42)はスーパーのパートに通っていたのですが、1年くら
い前から新聞の集金のバイトを始めました。
それで、月末月初になるとよく払いの悪い若い男のことを聞かされていたんです。
ある日、「ちょっと集金に行ってくる」といって出かけたまま、夜中の11時過ぎ
に帰って来たことがありました。
同じようなことがもう一回あって、そのあと今度は自宅の寝室で若い男と母が抱き
合って寝ているところを目撃してしまいました。
男は慌てて服を着て帰りましたが、どう見ても年は二十歳ぐらいで自分より2つ、
3つ上にしか見えませんでした。
母を問い詰めたら、やはり集金先の男でした。例の日に無理やり犯されたのだそう
です。
きっかけはレイプでも今は本気で付き合っていると母は言い張ります。
最近では週の半分は家に泊まって母とセックスして帰ります。安普請なので母のす
すり泣くような声やいやらしい声が筒抜けで家の中に響きます。
もう、たまったものじゃありません。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】続後家の母【エッチ】

ぐったりした母を寝かしつけ、明日の朝が心配でしたが、いつもと変わらない母でした。
どうして家に帰ったのか記憶が無い?亡き父の夢を見たそうで、懐かしがっていました。
1ヶ月が過ぎ、気付かなかった母に、一安心。ところが、突然母がしつこく問いかけてきま
す「どうしても解せ無い、お父さんでは、無かった。本当の出来事を教えて」
「何が?」 「観てたのでしょう」私は騙してやろうと「村の役員さんたちがお母さんを
送って下さる、前に僕は母を迎えに会場へ行って入違い、お家で役員さん達がお母さんを
裸にしてお乳や、おまんこを、そしてキッス。代わる代わる犯して、後ろから差し込まれ
お口で竿を吸ってイクイクと腰を振っていましたよ」 「やめて・・・恥ずかしい村に居られない」
「如何しよう」泣いて抱きついています。「なんか股に挟んで要る診たいで、すうすうして
いた」「3人が替わるがわるしているのを全部見ていたよ」「嫌々やめて」
「実は其の後僕がオマンコをお掃除して、役員さんたちの精液を吸い出して」 「有難う
何だかうすうす思い出した?お父さんが、クンニしてくれれたのか?そんなことは1度も
無かったのに」 「よかった?」「アナタのが最高にしびれて女の悦びを覚えたわ!」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。