純情 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

【フェラチオ】16歳を調教 2【お口で】

んで電話してみた。「もしもし・・・」控えめな可愛い声だ。昨日の続きで、オナ指示しまくった。電話だと喘ぎ声とまんこのピチャピチャがモロに聞こえる「あっああ~~ヤバい~あっあっ」「イク!あ~~~!」 そんな声聞かされたら私も超高速でしごいて大量発射した。お互い一緒にイッてハァハァしてたら突然可愛い声で「したいです・・・××さんとエッチしたいです・・・おちんぽ欲しいです!」これにはびっくり!この子がこんなこと言うなんて・・・もちろんOKして会うことに!うちは一人暮らしで、相手は明らかに未成年なのでうちに来てもらうことに。
約束の土曜日、とうとう由実(今更だが名前)がうちに来た。私服もいい。部屋にはいるなり、いきなり私は由実に抱きつき、キスをした。由実もからめてくる。これで思う存分若い肌をむさぼれる!まずはフェラを教え込む。上手くはないが、顔が可愛いので気持ち良い。 そして、合体へ。すづに濡れ濡れのまんこには簡単に入った。正常位でガンガン突き、ラストはバックでやることにした。いやいよ由実に中出しできる!!
メールで、由実は中出しの意味を知らず、普通中に出すものだと教え込んだのだ!


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】美和子物語 竹下さん 別れの手紙【お口で】

竹下さんからのファクシミリが受信されていました。その内容は・・・。
①14年間に亘る愛情と忠誠を踏みにじって他の男性と交際するのは許せない。
②美和子さんに騙された。
③竹下が息絶える瞬間まで美和子を恨み続ける。
④新しい恋人と上手くやるが良い。
⑤今後は竹下への接触・干渉を断る。本文を以て絶縁状とする。
竹下さんは美和子より6才も年下ですから美和子が新しい恋人と仲良くする事が許せなかったのでしょう。
美和子が竹下さんの将来性が見込めないと判断する要素は沢山有りました・・・。
過去の事ですから言い訳はしませんが・・・。
初めてのベッドインは美和子が38才で竹下さんは32才でした。前夫とは性生活がお座なりでしたから美和子は女性の喜びは竹下さんから教えて頂いて開発された・・・。
竹下さんが美和子に夢中ですから、ご褒美に何時でもフェラチオからがスタートでした。当然ながら、竹下さんはクンニリングスでお返しをしてくれます。
14年間も継続した毎週のデイトでは、コンドームを使った事は無く何時でも中出しでした。美和子も体内への射精の瞬間が好きでした。又、これが快感でした。
竹下さんのフイニッシュはドッグスタイルで後部からの射精が大半でした。
でも、竹下さんが射精されても繋がった儘で直ぐに勃起しましたから4~5時間もの愛情交歓でした。思い起こせば竹下さんは毎日でも仲良くしたい年齢ですから週末だけの交歓では物足りなかった様でした。
行為の最中に男性器や女性器の俗称を言わされてとても恥ずかしかった・・・。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】妹の友達ナナちゃん【お口で】

オレは妹と8歳年が離れていて、オレが18の高校3年の時妹は10歳で小学4年生だった
これはその頃にあった話しだ。
妹の友達にナナちゃんという女の子がいて、その子はお世辞とか話しを盛ってるとかではなく、本当に可愛い子でおそらく日本で一番可愛い小学生だと思う。
その家族もみんな美形で、お母さんはミスユニバースでお父さんは元モデルらしい
一番上のお姉ちゃんも中学2年にして大学4年のイケメンと付き合うほどの美人で、スタイルも中2とは思えないようなルックスの持ち主だ。
その妹であるナナちゃんは、小学4年生にもかかわず女子高生のような体つきで、顔もかなり可愛い。芸能人で言うと香里奈の幼いバージョンと言ったところだ。
ある日妹の友達が数人家に遊びに来てる時だった。
家の中でドタバタする妹たちに若干イライラしていたオレは、外で遊んでこいと妹たちに言い、一人家の中でゆっくりしていた。
しばらくすると玄関のチャイムが鳴り、出てみるとそこにはナナちゃんがいたのだ。
ナナちゃんも妹たちと遊ぶ約束をしていたらしく、妹たちがどこへ行ったか分からないオレはとりあえず家の中で待たせた。
しょっちゅう親の手伝いで小学校の行事に行くオレは、もちろん妹の友達にも知られている。
さらに普段オレは同年代にモテないのに、ちびっ子と奥様方には人気があり、妹の小学校じゃちょっとした有名人だった。
妹いわく、ナナちゃんはお姉ちゃんと同じでかなり年上好みで、とくにこのオレが超タイプらしい。
一度ナナちゃんにお嫁さんにしてくれと真剣に言われたことがあるくらいだ。
そんなナナちゃんと家で二人っきりで若干気まずいとも思ったが、積極的な子ですごい話しかけてくので、とても気楽にナナちゃんといられた。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】彼女の真っ白なストッキングに萌えた【お口で】

「相手の穿いているパンストの色で萌える色は何色ですか」と聞かれたらどう答えますか?
俺は一番萌える色と言えば黒だけど白も好きです、しかも真っ白なパンストは意外と萌えます。
今では看護師さんすら穿いていることが珍しい白だけど、一昔前は若い女の子が普通に履いてました。
昔付き合っていた彼女がある日デートで真っ白なパンストを穿いてきたんです、最初は萌えるというより
「今日は白いパンストか、なかなか可愛いじゃん」と思っていたんですが、夕方人気のない公園でキスをしたり
胸を触ったりしてイチャイチャしてると彼女からフェラチオしてきたんです、フェラチオは何度かやってもらったことは
あったんですが真っ白のパンストを穿いたままやられるとなんだかいつも以上に興奮しました。
黒とは対照的に白ってどことなくロリっぽくて清楚な感じがありますよね、真っ白なパンストを穿いた
彼女が一生懸命俺のチンポを舐めている様子を見るとかなり興奮しました。
何度もフェラチオをしてもらっててエッチも大好きな彼女だったんだけど、「真っ白のパンストを穿いて清純そうにしてる
彼女が俺のモノを・・・」と考えたら、なんかいけないことをさせてるみたいでとても興奮しました。
いつもはフェラチオぐらいじゃ射精できなかったんだけど、その時は彼女の口の中に思いっきり射精しました。
彼女もちょっとびっくりしてたみたいで口の中の精子を出してから「今日すごく興奮してたね」と言ったので
「君の白いストッキングにそそられちゃった」と正直に言いました、彼女も「男の人って白い下着とかに興奮する人が多いと
聞いたことあるけど、ストッキングにも興奮しちゃうもんなの?」と聞いてきたので「俺も今知った」と言った。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】美和子【お口で】

彼と結ばれてから一週間がすぎました。
大げさに言えば『処女喪失』から一週間です。
処女から卒業して数日間は性器の痛みがひどくて辛かったです。
歩く時には両足の間を少し広げて歩いて居ました。
性器に彼の分身が刺さったような気分でした。ぎこちない歩行でした。
彼が進学の為に東京へ行くのが判っています。
彼が岡山に居る間は二人の時間を作りたいとも思っていました。
彼から電話が有りました。
今から逢いたいとの事でした。
二人は待ち合わせの場所からバスでホテルの近くの停留所まで行きました。
停留所からホテルのフロントまでは500メートル位だったと思います。
手をつなぎ風景の中を歩いて行きました。
平日の午後ですから閑散とした道路でした。
ホテルのフロントで部屋を申込んでキーを受け取りました。
エレベーターを経て部屋まではボーイさんが案内してくれました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】無毛痴態【お口で】

朝の通勤バス、会社近くの高校に通う女子高生が乗ってくる。
よく見かける、むちゃんこカワイイ子がいる。
その日、その子が俺の前の席に座った。
だから何、てなもんだが、それが全てのきっかけだったのだ。
  
真面目な仕事の、真面目な資料の入った、真面目な封筒が落ちてしまった。
しかも前の席の真下まで。
取ろうとして真面目に屈んだら、女子高生のふくらはぎが目の前に!
 
不覚にもそれで勃起してしまったのだ。
ただ単純に、JKの生脚ラッキー、ぐらいのはずだった。
でも間近で見ると何か、カミソリ負けみたいなポツポツとか、小さな傷が見えた気がして。
 
それで想像してしまったのだ。
お風呂だか、お風呂上りだかで、裸か裸に近いカッコで、脚をちょりちょり。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】ペットの面倒は最後まで・・・2【お口で】

続きです
部屋に入るとのんちゃんはデニムのままだったので、そのままじゃリラックスできないかな?と思い、オレのTシャツと、スウェットの下を貸してあげた。
この辺でだいぶ彼女の緊張(?)も解けたみたいで、家庭の事をイロイロ俺に話してくれた。
話の途中で俺のビールをたまに1口2口とやるようになったので新しいのを1つ開けてあげた。お酒は結構いけるクチらしい。
多分学校の同い年の友達では自分の家庭環境とか恥ずかしくてあんまり相談できる人なんていなかったんだろう。
正直俺からしたら思春期のありがちな悩みなんだけど本人からしたら、話をしたことで感情が抑えられなくなったらしく(少し飲んでるのもあったのかも)最後は涙ぽろぽろ流しながら話すから、頭くしゃっとして「ゆっくりしゃべれ~、ちゃんと聞いてるから」ってやったら、目ぇウルウルで見てくるから、ほんとに小動物に見えて来て「よしよし」って軽~いハグしたげた。
正直そのまま押し倒したかったのだけど、その頃は今ほど鬼畜じゃなかったので(笑)そのままの距離感で「お話し」してあげた。
そうこうしてるとけっこうイィ時間なったのでベッドを譲って俺はソファに寝ようとすると「あの、私がこっちでいいですから。○○さん明日も仕事でしょ?」と言ってソファの方に。
話したりやりとりしてるうちに思ってたんだけど、なんだか妙に今の子っぽくないというか、家庭環境やらもろもろ含めてほんと擦れてない子だな~、と感心した。
けっこう悶々とはしてたものの、ここまでイイ子だと少し手ぇ出すのがためらわれ、その晩は別々に眠った。
翌朝、家を出る時間ほとんど同じだったので、一緒に準備して出た。
「どうもありがとうございました」
「おう、まぁイロイロあるみたいだからいつでも話は聞くよ、ちゃんとお家帰りなね」
と言い、一応ケータイ番号とアドレスを渡して(向こうは持ってなかった)バイバイした。
職場では(オレ昨夜16歳と一緒にいたのか・・・)と思い返しては、なんだか現実じゃなかったような気がして、少し不思議な気分だった。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】恋して…再会【お口で】

待ち望んでた彼との再会の時、彼と、クラスメートになれた。
そしてそれを運命的に感じた。
ずっと昔、小学生の時、転校が決まっていた私は、彼にどうしてもその事が言えないまま、転校してしまった。
予定より転校する日が突然に、ずっと早まった事も原因なのだけど…。体は幼かったけど、彼に恋をしていた。
その頃の彼の惹かれた所を今、よ〜く考えてみると、なんだか凄く気が合って、ツンとしてるようで優しくて、優等生タイプだけど、部活はスポーツが好きでいつも頑張ってた。
放課後に、校庭で頑張ってる彼を見るのが大好きだった。
クラスメートになれたのは偶然の事。
同じ高校になれたのも偶然の事。
だから、再会も、偶然の事だった。ずっと会いたかった、恋してた人。
こんな日がいつか来る事を、ずっと楽しみにしていた。
だけれど、彼と対面した時、…微妙な感じだった。転校よりももう少し昔、「もしもどちらかがいなくなったら、会えなくなったらどうするか」たまたま話した事があって、
その時、「そしたらいつか、絶対会いに行くからね」ってそんな感じで言ったのに、約束、覚えてないのかな?と思った。もしかして、私の事、忘れちゃったのかな?と思うほどの微妙さだった。日を追って、彼と接して行くうちに、空気が和やかになって、彼の笑顔が増えて、嬉しくてたまらなくなった。そうして、少しずつ仲良くなれた感じがし始めた頃に、「昔の、こんな思い出話があるんだ」と、思い切って、彼と私の思い出話の一部を話してカマをかけるようにしてみたら、
「それってこんなんもあったんじゃない?」って彼の口からも、私との思い出話を聞くことができた。
それをキッカケに、思い出に花が咲き誇った。
そんな高校生に成長した彼は、彼の持ち前の良さをずっと持ち続けていた彼だった。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

【フェラチオ】デートしたあと、エッチなことしたお話。【お口で】

「最近デートしてないよ〜。
こーた君と紅葉見たり海とか行きたいー。」
って駄々をこねてみた。
着いた先は、海の見える山道の駐車場なのだった。
さすがだよ!さすがこーた君だよ!
後方に色づき始めた紅葉がキレイ。
前方に見える海の水面がキレイ。
海も紅葉も、一度に楽しめるスポットです。
秋なんだけど、臆することなく、屋外でソフトクリームを食べながら景色を楽しむこーた君と私。
かなり寒いけど、最高〜の舞台です!
ソフトクリームは、こーた君はチョコ味が好きで、私はバニラ味が好き。
もし、私達の子供がいたら、ミックスが好きなはず…な〜んて、考えていたりした楽しいデートなのだった。
帰り道、私はこーた君を部屋に呼びました。
「ねえ…、私の部屋に、よ、寄っていかない?久しぶりだし…。
泊まってって…。」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】アートトラック愛好家の憂鬱【お口で】

これは二十年ほど前の体験談です。
当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。
東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。
夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。
ドアを開けると上下グレーのダボダボジャージを着た女の子が立っていました。
何事か私が聞くと、「すいません、東京まで乗せていってもらえませんか?」と女の子は言ってきました。
見た感じ十代前半の女の子、大きなバッグを持っているのを見て“家出少女”だと思いました。
私のトラックのナンバーを見て「東京に行く」と思って声をかけたのだと女の子は言いました。
当時、若かった私は特に深く考えもせずOKしてしまいました。
1人きりで運転するだけの毎日に飽きていたし、誰かに頼りにされるのは悪い気分がしなかったからです。
後部のキャビンに乗せてやると女の子はろくに話もせずにすぐ横になって寝てしまいました。
私も運転席のシートを倒して横になりましたが、カーテンの向こうから聞こえる小さなイビキが気になってなかなか眠れません。
ふと、助手席に置いてある女の子のバッグが気になりこっそりと開けてみました。
特に金目の物は入っておらずシャツやジーンズ・スカートといった着替えがゴチャゴチャに入っているだけでした。
奥のほうに入っていた可愛らしい巾着を開けると数枚の下着が出てきました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。