行きずり オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

【フェラチオ】フェラがなくては生きられない【お口で】

21歳の時
会社で残業していると
同僚の太めの結構ぽっちゃりした真里子が
僕を見つけて
彼女も僕の横の席に来て一緒に残業していた
付き合ったことが、まだない僕でも
「こいつ俺に気があるな」と解っていた
話しながら仕事をしていると
真里子は
「S(俺の事)は彼女いたことあるの?」から
始まりエッチな話になり
真里子「社長のちんちんなら500円でフェラするな」
俺「フェラ好きなの?」
真里子「まだしたことないけど興味はある」
俺「じゃあ、俺のフェラしてよ」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】ナンパ成功、友達のセックス【お口で】

友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。
それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、部屋が一つしか空いてなかった。
そこでその部屋を借りて4人で入ることに。
俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。

実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。
デカいし上手いって。

4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。
俺の相手がリカでY雄がアキ。
シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。
シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。
アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。

アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】元気になっちゃった?【お口で】

以前会社の用事で地方行ったとき、日帰り指定だったけど疲れてて自腹でホテルに泊まった
でマッサージの人呼んだらおばちゃん(40才位)
てっきり男が来ると思ってたからマジであせった。
最初は変なことも考えずにうつぶせでされてたんだけど
仰向けになった時、浴衣の足の部分がはだけてガラパンがおっぴろげ状態に。
で、一様元に戻したんだけどそこからはエロエロモードになってしまって・・・
だんだん立ってきて浴衣越しにもわかる状態に
「あ、もういいです」
「遠慮しないでゆっくりしてて(気づいてないようす)」
「いや、マジでもう大丈夫なんで」
って起き上がろうとしたとき、不自然な浴衣のふくらみが出来て気づかれた
「あれ?元気になっちゃった?」
「いや、あの、ちょっと、はい」
手でも良かったらどう?サービスで
「マジですか?」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】またやっちゃった・・【お口で】

公園で1人の男の子が遊んでいました。小○校高学年くらいの子です。
私はベンチに座り脚を組みミニの奥が見えるようにしてタバコを吸って
いました。サッカーをしていたのですが時々視線がこちらに向けられて
いるのがわかりました。そのうちわざとなのかミスしたのかボールが
私のほうに転がってきました。私はしゃがんで脚を広げ下着が見えるように
してボールを拾ってあげました。視線が刺さるほど感じました。ボールを
返すと「ありがとう」と言って続きを始めました。その笑顔が可愛くて
ドキドキしながら見ていましたがガマン出来なくなって声を掛けました。
「ねえ・・おちんちん見せてくれない?」少年達は驚いた顔をしていましたが
「おっぱい見せてくれたらいいよ」って言われました。アソコじゃなくて
おっぱいなのが可愛らしかったです。商談(?)成立して公園の障害者用の
トイレにいっしょに入りました。「それじゃおっぱい見せてあげるね」って
上を脱ぎ上半身裸になりました。目を輝かせながら私の胸を見ていました。
「触ってもいいよ」って言うとゆっくり手を伸ばして触ってきました。
しばらく触らせてあげて私も少年の股間に手を伸ばしました。ズボンの


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】映画館で…【お口で】

夏も終わりに近づいた頃の金曜日の事、まだまだ暑い日が続き夜こそ涼しさも感じられて来たそんな週末、良く行く映画館で人気話題作の新作先行上映を観に行って来た。
事前にチケットを購入してあったので、上映時間15分前位に会場入りした。
座席は何時も決まって真ん中辺り…流石人気作の先行上映…更に今回は3Dと言うだけあって、ほぼ満席状態だった。
俺は売店で買ったドリンクだけを持って、指定の席に向かった。
既に座っている人の足を踏まない様に気を付けながら自分の席に座った。
俺の右隣から通路までは既に満席、左隣が2席空いて通路まで満席だった。
上映5分前頃になって一人の女性…20代中盤頃が右側通路から俺の座っている列に近付いて入って来た。
空いている席は俺の左2席…間違い無くここに座るのが分かっていた。
大体の人は座ったまま深く座り直して膝を引っ込める様にするが俺は一度立ち上がって通り易い様にした。
すると彼女は「すみません…ありがとうございます」と、丁寧に挨拶をして来た。
そして俺の直ぐ左の席に座ろうとするが右手にバッグを左手に売店で買ったドリンクやフライドポテト、ポップコーンにホットドックが乗ったトレイを持っていて、座面を倒すのに苦労していたので、俺が「どうぞ」と倒してやると「すみませ~ん、ありがとうございまぅ~♪」と、さも嬉しそうに言って来た。
しっかり座って落ち着くと改めて「ありがとうございましたぁ♪」と丁寧に挨拶をしてきたので、「一人ですか?」と尋ねると、「え?あ、はい…」と不審な男をみる様な表情だったので、どっさりと食糧が乗ったトレイに視線を移すと、その視線に気付いた彼女は「あっ!…お腹空いちゃって…」と苦笑いして「良かったらぞうぞ♪」とトレイを俺と彼女の間の肘掛に置いて来た。
「あ、いや…そんなつもりじゃ…」と断ったが「どーぞ、どーぞ遠慮しないで下さい♪」と勧められたので「じゃあ少し…」と無下に断るのもなんなので、フライドポテトを数本頂いた。
すると「私この映画すっごい楽しみだったんですよ~♪」と、さも親しげに話しかけてくるので随分愛想の良い娘だなぁ~と思いつつ顔が結構好みだったので俺も調子を合せて「俺も楽しみだったんですよ」と相槌をうった。
「私、この一作目の予告を別の映画を見に来た時見たんですよ…その時の、もう、何て言うのっ…凄く心臓がドキドキ♪ワクワクして『面白そうっ!』って、絶対見る!って、その時も先行上映初日で観たんですよ♪」と、嬉しそうに話す彼女を横目に見ながら「俺もそうですよっ!予告のあの飛んで来たミサイルをスッと避けて向き直ったと同時に相手に撃ち返すシーンが今でも忘れられないんですよっ!」と言えば「そうっ!そうっ!そうっ!私もそのシーンが凄い印象的でっホント今でも忘れられませんもんっ!」と、何やら意気投合してしまい、「早くDVD出ないかソワソワしてましたよ♪」と彼女が言えば「俺もですよ♪」と答え、「発売が決まったら直ぐに予約しに行きましたもん(笑)」「あははっ!全く同じですよ(笑)でもあの当時、未だブルーレイプレイヤー持ってなかったからDVDにしちゃったんだけど、今思えば両方買っておけば良かったかなって…(苦笑)」「やだぁ~私もそうなんですぅ~」なんて会話をしていたら上映時間になり照明が暗くなった。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】あたしも・・・体験しちゃいました【お口で】

先週の土曜日でした・・夜勤明けにお友達とショッピングに行って早めの
ランチをとって・・帰りの電車の中の事です・・
高校生位のおとなしそうな人の隣の席が空きましたの・・ボックス席で
電車の車両の」一番奥の四人掛けでチョット狭そうだったんですけど・・
ショッピングで少し疲れていましたので掛けたんです・・・・
暫くは普通の車内風景です・・前の男性二人組が電車を降りボックス席に
二人きりになりましたの・・前が空いたので移ろうと思ったんですが・・
その少年の足がピッタリとあたしの足に押し付けられていましたの・・・
あらァ・・と思って少し押し返しましたの・・ところが足と足の密着度が
増えてピッタリと足どうしがくっついちゃって彼が肩で息をしてるのが
解りましたの・・・・あらァ・・どうしようって思いながら・・・
まァっいいっか〜ってそのままにしていましたの・・・・

あたし本当は若い人って苦手なの・・・「なんだ〜おばんのくせに〜
いやらしい事しやがって〜」云われたくなかったし〜・・・


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】アートトラック愛好家の憂鬱【お口で】

これは二十年ほど前の体験談です。
当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。
東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。
夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。
ドアを開けると上下グレーのダボダボジャージを着た女の子が立っていました。
何事か私が聞くと、「すいません、東京まで乗せていってもらえませんか?」と女の子は言ってきました。
見た感じ十代前半の女の子、大きなバッグを持っているのを見て“家出少女”だと思いました。
私のトラックのナンバーを見て「東京に行く」と思って声をかけたのだと女の子は言いました。
当時、若かった私は特に深く考えもせずOKしてしまいました。
1人きりで運転するだけの毎日に飽きていたし、誰かに頼りにされるのは悪い気分がしなかったからです。
後部のキャビンに乗せてやると女の子はろくに話もせずにすぐ横になって寝てしまいました。
私も運転席のシートを倒して横になりましたが、カーテンの向こうから聞こえる小さなイビキが気になってなかなか眠れません。
ふと、助手席に置いてある女の子のバッグが気になりこっそりと開けてみました。
特に金目の物は入っておらずシャツやジーンズ・スカートといった着替えがゴチャゴチャに入っているだけでした。
奥のほうに入っていた可愛らしい巾着を開けると数枚の下着が出てきました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】先日、青春18きっぷで【お口で】

先日、青春18きっぷでローカル列車に乗っていたら
2人組みの女子校生が後ろの車両から歩いてきて
座席にいる俺を「チラッ」と見て、そのまま前の方に歩いていった
二人共に茶髪でスカートが結構短かった
暫くするとまたその女子高生2人が前の方から歩いてきて
横を通り過ぎると思いきや、スッと俺の席の横にしゃがんで
「あのー、いいですか」と聞いてきた、俺が「何?」と聞くと
「お小遣いくれませんか?」と俺に言った
俺が「えっ、何で?」って聞いたら「下着見せますから」と言われた
なんかそういう小遣い稼ぎをしているのだな、と思った
俺が車内を見渡すと後ろのほうにおっさんが1人座っているだけで他に客は無かった
改めてその女子校生2人を見ると2人とも結構可愛かった
だけど援交とかそんな事をするような子には見えない普通そうな子だった
正直、財布には3万入っていて女子校生の下着は見たかったけど
青春18きっぷの貧乏旅をしている俺には下着を見るためだけにはお金は出せない


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】呑み屋のバイトで【お口で】

20代半ば頃、あるきっかけで呑み屋でバイトをする事に。
そこは所謂『パブスナック』と言われるような所で、マスターの趣味でカクテルも置いてある。
元々友人に連れられてから単独で時々呑みに行くようになり、バイトのお姉さんが辞めるのでイメチェンがてら俺にバイトをしないかと誘われたのがきっかけ。
かれこれその店でバイトするのも1年が過ぎ、客層も私の友人から更にその友人知人~と広がり、マスターも格好良くて優しいのと、一部私のファン(に近いもの(笑))も出来て、女性客も増えました。
そんな中、最近常連となった女性3人(A、B、C)が来店。
因みに3人ともブ●である。
その内の一人は同級生Pの不倫相手Cだ(苦笑)。
マスター(以降Mさん)「あれっ、このメンバーとは珍しいね!?」
私「Cちゃん、今日Pと一緒じゃないの!?」
C「え~っ、悪い!?」
何か少し怒っている様子だった。
Mさん「まあ、まあ、飲んで飲んで」
私「どうれ、じゃあCちゃんの隣に座ろうかな」
何故かしらないがCの機嫌を取ろうとその後色々笑い話をしていました。
そして笑い話から下ネタへ…


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】友達とカラオケに行った妻が【エッチ】

俺の妻は、とても可愛くて近所でも評判の清楚な女性で有名だ。
そんな俺の妻が、一週間後の金曜日に昔からの女友達とカラオケに行く約束をしたと言われた。
その友達は、俺も知っている人で結婚もしている。
たまにはいいかな、と思いその時は了承した。
そして、その日の夜が来た。
妻は、いつも穿いているミニスカートよりもさらに短いスカートを穿いて、中には、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーを穿いていた。
「それ、短すぎないか?ちょっと動いたら中が見えそうだぞ。真由美さんとカラオケ行くだけだろう?なんか不自然だな。」
俺は、麻美の格好に少し嫉妬した。
「そうかな?でも、可愛いでしょ?大丈夫よ、心配しないで。あなたが思っているようなことはしないから。それに、真由美も一緒だし。なるべく遅くならないうちに帰るから。」
すると、麻美は玄関に向かいブーツを履きだした。
俺の方にお尻を向けて前屈みになってブーツを履いている妻のスカートの裾からは、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーがチラチラと見えていた。
とてもイヤラシイ格好だった。
と、俺はその時気が付いた。
薄いピンク色のTバックのパンティーの股の部分がしっかりと湿っているのが見えたのだ。
「え?」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。