H無し オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

【友達と】エロ話で…【エッチ】

女友達二人と話をする事になった。最初は普通の話だったが、途中からエロ話になってった。そこで俺は
俺「ブラって着けてるの?」
女友達A「私は着けてるよ」
女友達B「私はまだ   ちょっと出掛けて来る」
俺「A~ブラ見せて(笑)」
女友達A「は?正気で言ってるの?」
俺「だって見てみたいから」と言ったら、なんと見せてくれることになった。服の中で外したのを出してくれた。
俺「こんなのを着けてるんだね(生温かい…)」
女友達A「そろそろ良い?寒いんだけど」
俺「良いよ。ありがとう」
女友達A「はいはぃ……… って何するの!?」俺は胸を揉んだ
俺「見せてくれたお礼に気持ちよくなってくれればな~って思って モミモミ…」
女友達A「んん…… 揉まないで…」
Aは胸を揉んでく内に息が荒くなってきた。
俺「どう?気持ちよくなってきた?」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】小3の女の子。【エッチ】

今やってる習い事のバトントワリング。
これであった萌えた体験談。最初はダッフィーと一緒に練習後に遊んでたんだ。するとだんだんと女の子の方から近づいて来てくれた。僕は子供好きだしもちろん嬉しい。
僕を見かけると超絶に笑顔になり可愛い。そして今日の練習。
後ろから「キャー!」という子供特有の甲高い声。
何かと思って振り向くと、急に抱きついて来た。本人は何とも思ってないけど、かなりはずかしい。みんな見てるし。それからも手を繋いで来たり、しゃべったり、いろいろして帰宅の時間。ちょっと待っててねと言われ、出口で待つと、はいっと飴ちゃんをくれた。お母さん苦笑いだけど…。少し舌足らずなところとかも可愛い。
僕の名前はゆうき。
そのことを、「ゆうちくん?」って聞いて来たり。いつか萌え死にするわ。
ちなみに僕中3。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【近親】まじばな【相姦】

友「ふられたんやけど」
俺「・・・」
友「俺のフラグもっと立ててくれんから・・」
俺「スマンって」
友「自分がつき合ってるからどうでもよかってんろ?」
友2「お前それ言いすぎやろ!」
俺「なんていわれたん?」
友「自分で聞けば!!?」俺「はぁー」
友2「気にするなって!てかお前の妹ちゃん可愛いしあいつと釣り合わなかっただけやって」
俺「そうかなー。言って友もイケメンやけどなー。」
友2「そうか?お前の方がイケメンやろ!(笑)」
俺「んなことないわ!」
友2「人の見方なんか人それぞれってことやって!」
俺「そんなもんかなー」俺「ただいま」
母「お風呂先はいる?」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】カルピス【お口で】

一人で晩飯を食べていたら風呂上りのピチピチ肌の妹が裸のまま台所に入って
きやがった。
隠すべき所も隠さずにバスタオルで体を拭きながら。
そして冷蔵庫を開けて言った。
「え~、ジュース何もないよ~。お兄ちゃ~ん」
「そんな事知るか。下のコンビに行って買ってくりゃあいいだろ」
「面倒くさ~い。お兄ちゃん買ってきて~」
全く腹が立つ。面倒臭い事になるといつも甘ったれてきやがる。
「カルピス飲ませてやろうか?」
「いらな~い。どうせまたオナニーするんでしょ。でもいいわよ。ジュース
買ってきてくれるんなら。お兄ちゃんのカルピス飲んであげる。」
交渉成立。
「よし!」
そう言うと俺は立ち上がりスウェットの下とトランクスを一気に下まで下ろし
てチンポを動かしはじめた。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】昔の話【お口で】

子供の頃住んでいたアパートには独身男性が沢山住んでいたため
エロ雑誌がいつもゴミ捨て場に捨ててありました。
小学5年生だった僕はそのエロ本を拾ってはアパートの共同トイレの
大のほうに閉じこもり読みあさるのが大好きでした。
そんな事をしているうちにいつのまにかオナニーも憶えたのでした。
そんなある日いつものようにトイレでオナニーに耽っていると
突然ドアが開きました。
どうやら鍵をかけ忘れたらしく、そこには横井さんという30過ぎの
独身の看護婦さんが呆然と立ちつくしていました。
どうしていいかわからずに横井さんを見上げていると横井さんは笑顔で
「たっちゃんもそんな年頃になったんだぁ。」
と言ってトイレに鍵をかけました。
そしてぼくを後ろから抱きしめてシャツの中に左手を入れ
僕の乳首を軽くつまみました。
そして


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】「嵐の夜に」途中放棄版【お口で】

「嵐の夜に」※未完

今年の梅雨は遅れて来たと聞く。
最近の地球はオカシイな、などとカレンダーを見やる。もう7月になろうかという時期に、梅雨は続くようだ。いい加減、ウンザリする。夏が待ち遠しいわけではないが、早く過ぎぬかと、切に願わずにはいられない。
しかし、そんな梅雨にも、思い出はある。——こう言うと、安っぽくなるのだけど——忘れられない思い出が。
***
ゴゴウォーン。
ソラが吼えた。煌めく稲妻はソラを奔る。いくつもの稲妻が、まるで、竜が翔んで、舞っているかのようだった。そして、その舞台たるソラは、黒く渦巻いていた。または、降り頻る雨。時益しにも、それは強く強くと、次第に、窓がノックされた音楽が部屋に響く。それは、ちょっとしたホラーだったのかもしれない。俺にとって、ではなく——妹にとっては。
「ねぇ、雷って、いつまで続くのかな……?」
「ん? 明日には黙るんじゃねーの?」
「ちゃんと、答えてよ!」
適当に、受け流すのは、そろそろ気まずい御年頃だからか。でも、揄[からか]いたくなるのは常であった、まる。
「なんだよ、中3になっても、雷が怖いのか?」
「——なッ!? ちょっと、そんなワケないじゃない!」
「必死になってまで、否定するなよ。冗談だったのに、ホントにビビってるかと思うじゃんかよ? え、そうだったん?」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】26歳の小学校教員です【お口で】

私は小学校の教員なのですが、少年が大好きなのです。
特に包茎の男の子。同性の方は「変態」って思うかも
しれません。でも大人の男性とは違う魅力。
汗の匂いやおしっこの匂い、そして思春期の男の子特有の
苦いような甘いような、精子の匂いが混ざり合い、
それを嗅ぎながら、少年の先に舌を這わせる。
今お付き合いしているのは、教え子ではなく、近所に
住んでいる準君。知ってます?今の子供って、4年生なのに
精子が出るんです。女の子の生理は3年生くらいから始ります。
想像つかないでしょ?今の子供は発育が早いんです。
準君とは1年半お付き合いをしています。
最初は子供会のスキー旅行で、準君の両親が行かなかったため、
私と、私の父親が世話をしたのがきっかけでした。
お泊まりは初めてと言う事で、バスの中でドキドキしていた
準君ですが、スキー場に着くと、元気いっぱいに滑っていました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】中3の頃【お口で】

中3の時同じ部の娘に、教室でフェラされた。6人くらいの小さな文化部で、
他の人はたまたま来れず二人だけ。
恋バナからエロ話になって、相手が「〇〇のおチンチン、見たい...」
と言って来た。
最初は拒んだけど、「お前のも見せてくれる?」と聞いたら、承諾した。
最初は俺のモノを見てるだけだったが、そのうちいじり始めた。
「しゃぶられると、気持良いんだよね...?」
と恥ずかしそうに言うと、
一気に口にふくんでちゅうちゅう吸い始めた。たまらず、すぐ昇天。
次に相手のを見せてもらうため、69の体勢になり、
アソコをいじろうとしたら
遠くで人の声がしたから慌ててやめた。
貧乳だったけど、奥菜恵に似た可愛い娘だった。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【フェラチオ】これも犯罪か?【お口で】

最近のゲーセンはよく中学生くらいの女の子が一人で遊んでいるのを見かける
大抵は定員や他の客から死角になる人形つかみで遊んでいるので、
まわりを見渡して目立たないように「彼女ひとり?」とか言って声をかけている。
ほとんどは無視されるがその子は無口ながら拒否しないので
俺は「そとにいこう」と言うとついて来てくれた。
そこは繁華街ながら裏通りにいくとあまり人通りはないので店を出て10mほど歩てから、
俺はいきなり手をつないだ。名前を聞くとちゃんとフルネーム教えてくれた。
仮にあやとしておく。おれはあやちゃんと呼びながらいろいろ質問すると中学三年生らしかった。
そこそこかわいいのだが残念ながら胸はあまり大きくなかった。
あまりうろうろしたくはないので近くの公園のベンチにすわり、おれはあやの肩に手をまわしみた。

いやがったりしないのでそのままで話していると、あやは塾をさぼってゲーセンにいたらしい
夏休みで8時まで授業だそうだ。
今は4時だったゲーセンで4時間もいるなんて俺だってイヤである。
ここは繁華街のラブホテルの間にあるような公園である。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】理想のプロポーズ【エッチ】

二人で部屋でマッタリしていると、ヒマすぎてしりとりが始まる。
数十回続き、オレの番のお題が「け」で回ってくる。
オレ「け・・・け・・・」
女 「はやくー、『け』なんて簡単じゃんー」
オレ「け・・・け・・・結婚しよう・・・」
   しばらくの沈黙
女 「・・・・・・・・・・・・・・・うん・・・」
   しばらくの沈黙
オレ「『ん』がついたからお前の負けだぞー」
女 「負けちゃったけど、すっごくうれしい事あったからいいもん!」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。