2014年09月 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

【友達と】ベギラマ【エッチ】

272:2010/05/2406:02:21sZJp8A3u0[sage]

消防の頃友達とドラクエごっこしてて、
友達に手を向けた状態で「ベギラマ!」って叫んだら
友達の背後にあった民家が爆発した。

ガス漏れだったらしいが、慌てた友達は駆けつけた近所の人に向かって
「すいません!僕らがやったんです!!」と叫び、
当然のように誤解された俺達は学校に連れてかれて、いろんな人から殴られた。
親父が土下座して謝ってたのが印象的だった。

その後、消防署の人が冤罪だと証明してくれたので前科者にはならずに住んだが、
中学上がるまで俺のあだ名はハーゴンだった。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【浮気】出会い系で会った人妻を妊娠させた話【不倫】

716:なまえを挿れて。:2012/07/27(火)16:15:13
営業職です。平日昼間、仕事中に人妻とエッチしてます。

夜とかは出られないからなあ。


717:なまえを挿れて。:2012/07/27(火)21:27:51
716
羨ましい。

風俗で美女とエッチするより、

出会い系で見つけた平凡な人妻とセックスするほうが何倍も興奮する。

ナマで出来るからという理由もあるかもしれないが。。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】鍋忘年会の雑魚寝の中で【エッチ】

年末の忘年会の話をします。
友達に、「鍋忘年会してるから、今からうちに来い」と誘われました。
もう10時すぎだったし、めんどいと思ったけど「すげー美人きてる」と言われたんで速攻いきました。
友達の家につくと、友達とその彼女、ほかに女の子が三人。
正直レベルはそこそこ。
でもひとりだけ可愛い子を発見。
この子が友達の言ってた「すげー美人」だろうと一目でわかりました。
美人というより、丸顔で可愛い系。
芸能人でいうと深○恭子。
笑顔が可愛くて、優しそうで柔らかそうなタイプです。
さりげなく隣に座って、いろいろと聞き出しました。
年はひとつ下の24歳。
彼氏いない歴三ヶ月。
好きなタイプはちょっとワガママで強引なタイプ。
その場はかなり盛り上がり、ふざけて顔近づけたり肩抱いたりしましたが、そのたびにものすごいフルーティないい香りがしてだんだんムラムラしてきました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【他人棒に】私の借金の尻ぬぐいをする妻 【寝取られ】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。
32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。

これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、


嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。
男は、嫁の昔の知り合いだ。
40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。


「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」
男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。

目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】前カノの妹【エッチ】

横浜桜木町のBARカウンターで一人飲んでたら
突然後から抱きつかれ、両手で目隠しされて「だぁ〜れだ!」
何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。
「解かんないのぉ〜」
「しょっくぅ〜〜!」
手を解いて振り返って見たら以前付き合ってた美和の妹 慶子だった。
「久し振りだねぇ〜元気だった?」
「今何してるの?」
「美和は元気?慶子ちゃんは何歳になった?」

「元気だったよ」
「今エステシャンで横浜駅の近くで働いてるの」
「お姉ちゃんは去年結婚したよ、知らなかった?」
「私は今年28歳になりますわ!(笑)」


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【他人棒に】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 2 【寝取られ】

11

果歩はどうしようもなく、淫らな気持ちを抑えることができなかった。

ふと部屋の時計を見る果歩。もう0時を回って日付が変わっている。

明日は日曜だし、学校もバイトもないし。

――寝坊してもいいんだから――

いつもなら眠りにつく時間、しかし眠気はまったくなかった。それは初めてこんなにも興奮しているからなのかもしれない。

果歩はさっき見たDVDの中の女性が言っていたことを思い出す。

『まずはタオルを準備して。これはもしかしてあなたのオマ○コ汁がいっぱい溢れ出てベッドやソファにシミができてしまうかもしれないから。気になる人は準備しておいてくださいね。』


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【浮気】人妻とネット知り合ってセックスできたww【不倫】

1:名無しさん@ピンキー2013/07/29(金)12:57:30.92

ネットで人妻食った話をしてください。
もしくは、人妻食いたくて仕方ない人が
相談持ちかけてください。

もしくは人妻ご本人が登場してくださいw



13:名無しさん@ピンキー2013/08/13(土)10:44:07.25
俺は自分の妻(36)とセクロスがキツイ。
浮気相手の20台はいいんだけどw



FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】コンビニで【エッチ】

先日、コンビニのレジで露出を実行してきました。
大手のコンビニではなく、酒屋が商売替えをして出来たような
ちっちゃなコンビニです。その為か、そこは防犯カメラがつい
ていないので、前々から狙いをつけていました。
夕方頃に外からのぞいて見るとカウンターには女の子のアルバ
イトが一人。これはチャンス!と思い中に入り、その子に「す
みません、トイレ貸してください。」と言ってトイレへ。
トイレへ行くフリをしつつ途中でアルバイトの控え室の方を確認。
だれも居ません。ビデオモニターらしきものも見当たりません。
つまり店の中に客が居なくなれば、彼女と自分の2人きりという状態です。
私はトイレの中でペニスを擦って半勃状態にして、全開にした
チャックからもろ出しにしました。
そのうえから上着をかぶせて、見た目には普通にしか見えない
状態にしてから店内へ戻りました。
しばらく様子を見るために店内を徘徊。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【他人棒に】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 1 【寝取られ】

1     



「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

【友達と】Sな彼女にチンポをシゴかれてイキまくった青春時代【エッチ】

二十代半ばの頃に、三つ年下の女の子と交際していました。僕の胸までしかない小さな背丈で、細身の体つきをしていた彼女。化粧気の無い童顔に、ボーイッシュな短い猫毛の黒髪が良く似合いました。ですが、そんな幼い見た目とは裏腹に胸だけは大きく発育していて、男をいけない気持ちにさせるタイプの魅力的なロリっ子。もっとも、そんな彼女と僕との性関係は、普通の恋人同士としてはかなり変わったものだったと思うのです。
元はと言えば、まだ処女だった彼女が、初めてのセックスを酷く痛がってしまったところから話しは始まりました。そして射精できずにどうにもならなかった僕は、結局は彼女に手でいかせてもらうことになったのですが・・・。恥ずかしい話ですが、僕自身そのとき初めて体験した女の子の手の気持ち良さに、すっかりはまり込んでしまったのです。以来、僕はセックスもそこそこに彼女の手ばかり要求するようになってしまいましたが、意外にも彼女はそれを全く嫌がりませんでした。実は彼女も手でするのが好きになってしまっていたのです。そしてある日、なんど彼女の方から手だけでしたいと提案してきました。セックスは痛いだけからしたくないけれど、手で良ければ一日中でもしてあげたいと。僕が気持ち良さそうに声を上げて、耐え切れずに射精してしまう姿を見ていると、堪らない気持ちになるのだと彼女は言いました。さらには僕が泣いてやめてくれと言い出すまでいかせ続けてみたいとまで、童顔に小悪魔な笑みを浮かべて告白してきたのです。以来、僕はセックスすることも忘れ、彼女の指先に身を委ねる日々を繰り返すようになっていきました。
お互いの家が近かったこともあり、僕たちは殆ど毎日のように逢っていました。仕事帰りに駅前で落ち合い、僕が暮らすワンルームマンションまで肩を並べて歩いていきます。部屋に入ると靴を脱ぐのもそこそこに、玄関先で僕は彼女の小さな体を抱きしめてキスを交わしました。そして早速ズボンを下ろすと彼女の細い腕を取って、ビキニブリーフの上から握らせます。「もうガッチガチやん♪」彼女は楽しそうに言って、感触を確かめるようにゆっくり指先を動かしてきました。「昨日だって三回いかせてあげたのにぃ。ホンマ、勃起させすぎやでぇ・・・」責めるように言いながらも、うっとりとした表情で、股間をいじり続けてくる彼女。「しょうがないでしょ、たっちゃうんだから・・・」

言い訳がましく説明せざるを得ない僕。正直、僕はいつの間にか彼女の姿を見るだけで、いつも勃起してしまうようになっていました。何故なら、僕を気持ち良くしてくれる彼女の手は常に剥き出しで、いつも露出され続けているのですから。会って彼女の手を見た途端に欲情してしまう自分を、僕はどうすることもできませんでした。実際に今日だって駅前で会ったときからずっと勃起しっぱなしで、歩きながらペニスがビキニブリーフに擦り合わされ続けていたのです。マンションに辿り着いて二人きりになった時点で、もう我慢できるはずがありませんでした。そんなことを考えていると、不意に、「うっわぁ、もう染みが浮いてきとるやん♪」彼女が嬉しそうに言いました。見ると彼女が手を置いたビキニブリーフの膨らみの先端が、早くも濡れてしまっています。「やらし~♪」そういって彼女は握ったままの手を上下させ始めました。ビキニブリーフの布地越しに刺激されるその気持ち良さに、思わずボーっとしてしまいます。「ホンマ、好っきやなぁ♪」そんな僕の表情を見上げながら彼女が言ってきました。「じ、自分だって好きでしょ・・・」思わず言い返すと、「好きやで~♪男の人が私みたいにちっちゃい女の子の手ひとつで、簡単に呻いてもうて、最後は我慢し切れんと震えながら精子ぴゅっぴゅ出してまうんやもん。めっちゃ楽しいわぁ♪」そう言いながら、握った手の動きを速め始める彼女。「あ・・・んっ、だ、だめ・・・いっちゃうよ・・・」僕がそう言うと、「ええやん、ビキニパンツの中で出してみようやぁ。パンツん中で精子まみれでグチョグチョになったチンポ、見てみたいもぉん♪」と、さらに動きを速めてしまうのです。「ちょ・・・っ!だ、だめだって!」本当にいきそうになってしまい、僕は慌てて彼女の手を抑え付けるしかありませんでした。「なんやぁ、つまらぁん・・・」不平を言いながらも、握ったままの指先でいじり続ける彼女。「あ、あ・・・」彼女にいかせるつもりが無くても、いじられればそれだけでどうにも感じてしまいます。そんな僕を、下から見上げてじっと観察してくる彼女。僕は抱きしめたままの彼女を見下ろして、視線を交わしながら、「た、頼むから、中に出すのはやめて・・・」と言いました。すると、突然ぷっと吹き出してしまう彼女。「中で出すのやめて!なんてぇ、ホンマ女の子みた~い♪」思わぬところを指摘してきます。そして気も済んだのか、笑いながら慣れた手つきでブリーフを脱がしてくれました。彼女がビキニブリーフを引きおろすと、重力に反して勃起したペニスがブルンと飛び出します。「うっわぁ、もぉビンッビンやなぁ♪相変わらず、めっちゃ元気なチンポやわぁ・・・」嬉しそうに言って、彼女は僕の勃起ペニスを、小さな右手で絡め取りました。そう、本当に彼女は小さな手をしていました。僕の勃起したペニスの周囲を回りきらない程の、短くて細い指をしていたのです。彼女に握らせると、自分のペニスがまるで、ものすごい巨根のように見えてしまいます。そんな本当にちっちゃな手の、僕の胸までしか背丈の無い小さな女の子に、興奮しきった男根を握らせているという事実。この光景を眺めているだけでも、僕は本当に興奮しました。

そしてそのせいか、握られただけなのに、僕はペニスの先端から液体を滲み出してしまいます。もちろん、それを見逃すはずも無い彼女。「ホンマに、よう濡らすなぁ・・・」ため息混じりに言って、握ったままの手の中から親指だけを垂直に立てました。そしてその親指で、敏感な濡れた亀頭の先端を撫で回し始めたのです。「う・・・」この痺れるような快感にはどうにもならず、ニヤニヤ僕を見つめる彼女の小さな体を抱きしめることしかできません。というより、しがみ付いているというのが正しい表現なのかもしれませんが・・・。とにかくも、亀頭いじりを続けてくる彼女に対して僕は呻くことしかできず、しばらくの間されるがままでした。そんなことが五分も過ぎた頃。「なあ・・・膝、ガクガク震えとんでぇ♪」堪らなく艶のある声で彼女が言ってきました。言われてみると確かに、亀頭を感じさせられ過ぎた僕は、いつの間にか膝がブルブルと震えてしまっていました。小さな手の親指一つで、ここまでされてしまったことを彼女に先に気づかれてしまうなんて、かなり恥ずかしい状況でした。「も、もう、ベッドに行こ・・・」立っているのも辛くなってきてそう言いましたが、しゃべって初めて息も絶え絶えになってしまっている自分に気づき、益々恥ずかしさがこみ上げて来ます。ところがそんな僕の状況をわかっているくせに、彼女はもっとひどいことをしてきました。なんと、僕の勃起ペニスの雁首をギュッと握り締めて、そのまま引っ張ってベッドに向かって歩き始めてしまったのです。「あ、ああんっ!」女の子にチンポを掴んで引き回されてしまうというこの有り得ない状況に、僕は思わず声を上げてしまいました。「あははっ、信じられぇん!、チンポ引っ張られて感じとるぅ♪」彼女は高笑いして、手でペニスを引っ張り続けながらも、ギュウギュウと圧迫を繰り返してきます。「ああ、ああっ!」余りの恥ずかしさと気持ち良さに、僕は完全に腰砕けの状態でした。「ベッドまで我慢できるんかなぁ?それとも我慢し切れんと、ビュッビュッて出してまうんかなぁ♪」彼女は言葉で僕を刺激し、指先を動かして体も刺激しながら、本当に楽しそうに笑っていました。つまらない男のプライドかもしれませんが、この余りにSM的な行為で放出してしまうことだけは避けなければいけないと思った僕。彼女の小さい手でペニスを誘導されながら、堪らず射精してしまいそうになる自分を抑えるのに必死でした。玄関先からベッドまでのわずかな距離が永遠に感じられた時間だったのです。やっとの思いでベッドに辿り着くと、仰向けに寝かされました。もちろんその間もペニスを握ったまま離してくれない彼女。太ももを大きく広げさせられて、彼女は僕の足の間に座り込みました。そしてそこから、彼女は改めて僕の亀頭をいじり廻し始めました。垂直に立てたペニスの根元を左手で固定して、亀頭の先から溢れた液体を右手の人差指で塗り広げていきます。亀頭の表面を撫でるようにクルクルと人差指を回転させながら、クビレに辿りつくとそこに指先を引っ掛けてなぞり上げていきます。そしてまた先端からクルクルと指先を回しながら降ろして行き、亀頭全体にカウパー液を塗りたくる動作を止めることはありませんでした。その堪らない快感に、僕は体を震わせながら呻き続けるしかありません。

「後から後から溢れてきよんでぇ♪」彼女は本当に楽しそうに、僕の真っ赤に膨張した亀頭がテラテラに塗れそぼるまで、飽きることなくその行為を繰り返しました。「ホンマにぃ、お口までパックリ開いてぇ、やらしいお花が咲いてるみたいやわぁ」そう言って、今度は亀頭を指先でつまんで、尿道口をパクパクと開いたり閉じたりしては眺めて楽しんでいる彼女。そしてそこからジュクゥッと再び液体が滲みだすのを確認して、「ホンマにやらしいチンポやわぁ・・・」と、ため息をつくように、童顔を上気させていました。

「もっともっと、気持良くしたるからなぁ♪」そう言った彼女は、今後は小さな手のひらで、亀頭を上から包み込みます。そしてそのまま亀頭の表面をすり上げるようにこね廻し始めたのです。「あっ!あぐぅう~~~っ!!」この、まるで内臓をこねまわされているような、強烈な刺激には耐えられませんでした。十秒とたたないうちに、僕は完全に悶絶状態で悲鳴をあげてしまいました。「や、やめてっ!も、もういかせてよぉっ!」身悶えしながら、彼女に訴えますが、「あか~ん♪」楽しそうに言って、僕が逃げれないように根元をしっかり握りしめたまま、尚も亀頭責めを続行してきます。「ああっ!それ、ダ、ダメ!ほ、ほんとに、こわれそ~っ!」「ええやん、こんな変態チンポ、壊してまおうやぁ」童顔に満面の笑みを浮かべて、さらに手の平に力を入れて、亀頭をグリグリと磨り潰してくる彼女。「ほ、ほんとに、たのむから・・・っ!あがぁ~~っ!!」「もぉ~、手ぇひとつで女の子みたいにヒイヒイ言うてなぁ、ホンマ情けないんやからぁ♪」そして、そこからも延々と亀頭を嬲り倒されてしまい、僕はもう途中からは殆ど声も出せずに意識朦朧としてしまっていました。そんなぐったりとしてグロッキー状態の僕を確認し、ようやく満足した彼女。「ホンマ、男の人っておもろいわぁ~♪」そう言った彼女は、やっと手を上下に動かし始めてくれたのです。

かなり長い間いじられ続けたせいで、自身の液でヌルヌルになってしまっていた僕のペニス。彼女が小さな手を上下させるたびに、クチャックチャッと卑猥な音が部屋中に響いていました。「めっちゃやらしい音しとんなぁ♪」僕のペニスを回らない短い指を、一定のリズムで大きく動かし続ける彼女。僕はそこから全身に広がる堪らない快感に、何も考えられずに身を委ねていました。「ホンマ気持ち良さそうやなぁ・・・」手を動かし続けながら、そんな僕を眺めて呟く彼女。

「でっかくて、やらしいチンポ・・・」またポツリとそう呟きました。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  

テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

« »

09 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。