【友達と】少女の花びら ⑩【エッチ】 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  


この体験談を読んだ人はこんな記事も読んでいます
このカテゴリーのその他体験談

    【友達と】少女の花びら ⑩【エッチ】


    『 第十章 美少女の下部になる教頭 』

    「うっ眩しい・・」夏季に入り太陽の強い日差しが肌を小麦色に焼く
    モクモクと上がる入道雲に手が届きそうそうだ
    ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった
    「夏」・・・それは・・・女性達は肌を露出全開性欲を煽りたて
    男を誘惑する季節だ
    ノーブラキャミソール着の中で乳房が揺れ乳首の形が分かる
    少女達は海水浴やプールで泳ぎ疲れ 帰りのバス停で両足を広げ
    座り込み股間からは純白パンツを露出 そして肉棒が高ぶる季節でもある
    小学生標準水着にキャンプに野外授業に・・それから・・それから・・
    もう駄目だぁたまらねぇなぁ
    俺は楽しくスキップを踏みながら「♪〜足どり軽やかにスキップ・スキップ
    来たぜ ついに夏が来たぜ 露出全開の夏 この時が来た 楽しみだぜ
    少女達を俺好みに調教してやるぜ 肉棒がビンビンだ〜♪」と作詞作曲した

    FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

     
    職員室の扉を一気に開け「おはよう〜」と弾む声で挨拶すると
    先生達は小さな声で「おはようございます」と脅えるように挨拶をする
    その時「和美先生っ体育の時は気を付けて下さい 分かりましたか」と
    教頭が和美先生を怒鳴っている姿が目に飛び込んで来た
    多分、俺が悪戯した舞子の件だろう発達途中の幼い身体に無理やりに
    肉棒を叩き込んだからな
    俺はカバンの中から舞子の診断書を取り出し教頭に渡した
    教頭は主人に逆らないような仕草で視線を逸らして診断書を受け取った
    「え〜っ何だって・・病名は腰椎分離辷り症 激しいスポーツよる股関節障害
    膝関節障害かぁ・・和美先生のマット運動が激しかったのでしようね」
    と教頭の怒鳴る声が職員室に響き渡る
    俺はニヤ笑いしながら「教頭先生 誰でも間違いはあるよね イヒッ」
    教頭は俺に脅えるように視線を左右に動かしながら「そうだな誰にも間違いは
    あるなぁ 和美先生っ以後間違いのないようにお願いしますよ」
    和美先生が去ると教頭は俺の耳元で「あのぉ 裕子君を何とか成らんかね」
    「裕子ちゃんが何かしましたか」
    「私と会う度に小遣いを脅し取るよ先生の方から良く言い聞かせくださいよ」
    「じゃあ 裕子ちゃんを連れて来るから会議室で待っていて 」
    授業の始まるチャイムが鳴り廊下に出ると和美先生が教科書を両手に持って
    「有難う御座いました」と何度も頭を下げる
    俺は和美先生の肩に手を遣り「いいよ ハゲ教頭が苛めたら又助けるよ」
    和美先生と廊下を歩きながら「前日 お願いしていた競技大会の事ですけど
    土・日曜日と成りますのでお願いしますね」と和美先生は微笑む
    俺も微笑み返しながら「分かりましたよ あっそうだぁ 教頭命令で
    裕子ちゃんを会議室に連れて行きますので 何でも教頭直々 裕子ちゃんを
    褒めたいと言っていましたよ・・で・・今日は暇っレストランで食事しない」
    和美先生は爆笑しながら「デートの誘いですか私は結婚しています ほらっ」
    と左手薬指の指輪を見せて自分の担任する教室に入って行った

    ちくしょう人妻かよ・・・・待てよ人妻和美を犯して淫らな姿をデジカメで
    撮り写真をネタに新体操部を乗っ取るのも悪くない
    そして人妻和美の子宮に中出しして俺様の子供を産ませるのも悪くないな
    これも超ロリ好きmilkの子孫を残せとの子悪魔さんからのプレゼントだろう
    その時「おいっ先生っ涎っ 涎が出ているよ」と裕子が呆れ顔で俺を見上げる
    「おっ来たか 教頭が話しがあるそうだ 会議室に行こうか」
    裕子は俺の手を握り締め「ねぇ 今度は・・・いつ・・してくれるの」
    いきなり身も蓋もない事を言う裕子は今や神が与えた最高の悦びセックスを
    自らから貪欲にむさぼる美少女はまだまだ小学5年生だ
    会議室に入ると教頭は椅子に座って待っていた
    俺と裕子は対面に座り「教頭先生よ 連れて来たぜ 話しがあるのだろうが」
    教頭は裕子に脅えているのか中々話しを切り出そうとしない
    裕子は大きい瞳を細目て睨み「何だよ おっさん何の話しがあるのだよ」
    教頭は口元を振るわせ「あのっ・・わ・・私からお金を・・あのっ・・」
    裕子は俺の顔を見上げて「このおっさんは何言っているのか 分からないね」
    と俺に話しかける
    俺は裕子の背中に腕を回し耳元で「ねぇ 裕子ちゃん 教頭のオチンチンを
    悪戯してしまえ・・・面白いぞ どうだ 」と小さい声で言った
    裕子はニヤ笑いしながら机の下に潜り込んで教頭の方へ四っん這いで行った
    しばらくして「おいっ 裕子君 や・やめないか 」と後下がりする
    俺は教頭の背後に回り教頭の両腕を押さえ付けた
    「どうだ えっ 教頭よ 孫くらいの年齢から犯されるのは イヒッ」
    教頭は暴れながら「お願いだ やめてくれ 頼む・・おいっやめないか」
    裕子は手早くズボンから肉棒を取り出し握り肉棒を前後に振りながら
    小さい舌先で肉棒先の敏感な割目を"ペロリチロリペロリチロリ"と
    嘗め始めると"ドックン・ズン"と脈を打ち強大化して来た
    裕子は驚き顔で「うあっ 教頭先生のて黒くて大きいねぇ 見直したよ」
    「ペッチャ クッチャ ジッパッ ジルルルパッ モグモグパァァ」と
    肉をしゃぶるイヤらしい音が会議室に響き渡る
    教頭は全身の力を抜き己の股間を見つめ「おっおぉぉおっおっおっおっ」
    俺は押さえていた腕を開放して「どうだ 教頭よ 裕子ちゃんのフェラは
    最高だろうが たまらんだろうが どうだ 正直に言って見ろ」
    教頭は何度も頷きながら「うぉぉ 10年振りに立ったぁぁ最高だぁぁ」
    裕子は長い肉棒の根元から天辺まで舌先を往復させ"ぱくっ"と肉棒に
    食らい付き"ジルルルル"と啜ると快感に教頭の身体は反り返る
    教頭は我を忘れ「おっおっ 気持ちいいぞ 裕子君よ うぉぉおっ」
    裕子が肉棒を"ジッパッ"と吸い込みながら口を離すと肉棒と唇の
    間を唾液の糸が引く
    教頭は裕子の頬を両手で掴み「なぜ やめるのか 続けてくれよ 頼むよ」
    裕子はニヤ笑いしながら立ち上がり自らパンティを脱ぎ
    そのパンティを教頭の頭に被せて「変態仮面教頭だぁぁ」と言いながら
    椅子に腰掛けている教頭の下半身に跨り対面座位でゆっくりと
    腰を下ろすと綺麗に閉じ合わさった縦筋が"ニルッ"と左右に開き
    膣内の中へと埋めて行くと顔を上に向けて"うっあっ"と息を吐き出す
    裕子は挿入時の肉棒の感覚を味わっているかのように見えた
    陰毛のないツルツル恥丘の為か肉棒挿入の瞬間が良く見える

    教頭は突然の侵入に驚き「えっ 裕子君 良いのかね 本当に良いのだね」
    裕子の4号バレーボールくらいの小さ過ぎる腰を両手で掴み裕子の
    身体を前後左右と軽々と揺さぶっている
    裕子は色っぽい首筋を伸ばし「あんあん 凄い 教頭先生っ凄いよぉぉ」
    「クッチャクッチャクッチャ」と肉と肉の擦れるイヤらしい音が響く
    教頭は身分を忘れ裕子を大きなおもちゃと思っているのか
    138cm・28kg小柄の裕子を強く我が胸に抱き寄せて肉棒を
    幼い膣内に何度も激しく叩き込んでいる
    裕子の長い髪が乱れ首を左右に振りながら「駄目ぇぇ壊れる 壊れるよ
    あんあん うっうっ 激しい激しいよぉぉ 先生っ見て見てよもっと見てぇ」
    野外セックスの洗脳が効いたか裕子は他人から見られと激しく燃える
    教頭は悪徳代官ように年貢の変わりに村の少女を犯すようにテクニックも
    へったくれもなくひたすら肉棒を発達途中の幼い身体に叩き込んでいる
    余りにも激しいピストン運動に裕子は両手を教頭の胸元に遣り押し離そうと
    しながら「うあぁぁ 壊れる 私の体が壊れるよ 赤ちゃん産めなくなる」
    裕子の身体は膣内を守ろうと言う免疫が働いたか愛液が大量に出て
    「ジュブッ ズチャッ クプッ ペッチャ チャッ ビチャッグッチャ」と
    肉と肉が良く擦れるイヤらしい音に変わって来た
    愛液は白く濁り泡となって肉棒が引かれる度に出て床に滴り落ちる
    自分さえ良かればとの教頭の態度に裕子は怒り教頭の顔を拳で殴りながら
    「もう やめて やめろと言っているだろうが ハゲ教頭やめろ」
    そして教頭は「来たぞ 来たぞぉぉぉ 出るぞ 出るぞぉぉ」
    裕子はお互い繋がっている股間を見つめて「ハゲ教頭 中出しはやめてぇ
    先生の子か教頭の子か分からなくなるよ 中出しはやめてやめて〜」
    教頭は裕子の悲鳴に我に戻り肉棒を縦筋から引き抜いて"ビュルドクドク"と
    薄黄色い精液を裕子に顔面射精した
    教頭は満足疲労感に包まれ射精して凋んだ肉棒を持ったまま床に座り込み
    「はぁはぁはぁはぁ・・・」と荒呼吸をしながら床を見つめている
    裕子は顔面に付いた精液を"ペロリ"と嘗め「臭くて塩っぱいね」と
    淫乱女になっていた
    そして乱れた小学生制服を直しながら「主は私で 教頭は下部よ」
    教頭は座り込んだまま見上げ「・・・・えっ?・・何?・・」
    裕子は教頭の頭に被せていたパンティを取り上げ「私が主人・お姫様で
    教頭は使用人・家来よ分かった お〜ほほほほほほほっ」と高笑いをする
    このまま裕子が成人に成ると美貌を武器に遣りたい放題になるのではと
    考えると俺自身も怖く成って来た
    裕子は俺の腕を掴み「じゃあ 先生っ 行こうかぁ お〜ほほほほ」と
    高笑いながら会議室を後にした

     

    ただいま人気の体験談

      


    この体験談を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    このカテゴリーのその他体験談
    テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

    Comments


    « »

    10 2017
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    今月のおすすめサイト
    アンテナサイトのピックアップ記事!
    アクセスランキング(7days)
    RSSリンクの表示
    • 最近記事のRSS
      最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
    QRコード
    QR


    Archive RSS Login
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。