【フェラチオ】包茎手術の思い出【お口で】 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

  


この体験談を読んだ人はこんな記事も読んでいます
このカテゴリーのその他体験談

    【フェラチオ】包茎手術の思い出【お口で】


    あれは、たしかおれが21歳の頃のことだった。
    当時のおれは、仮性包茎だったことが、最大の悩みで、
    なんとかならないか真剣に考えていた。

    そこで、時間は、かかったが、手術を受ける決意をした。
    インターネットを使い、いろんな手術法があることや、
    悪徳業者がいることや手術の成功、失敗など、比較し、
    ついにある病院に決めた。

    バイト代で貯めたお金で、出費10万円は、決して安くはなかったが、
    術後、チンポの型が変になったり、性感が失われたりは、絶対に避けたかったので、
    お金以上に、不安な気持ちは拭えなかった。
    ただ、それ以上に、人前で、風呂に入るときや、セックスの時などにこそこそしなきゃいけないのは、もう嫌だった。

    勇気を振り絞り病院に行くと、大変、親切かつ優しくて、安心したのを覚えている。

    FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

     
    たしか、初日は、先生(男性)と看護婦がいて、緊張しながらも、二人の前で、
    話をして、パンツを降ろして、手術で皮をカットするラインをペンで書いて、
    それで終わりだったので、早く手術して終わらせたかったので、拍子抜けした。
    それよりも、パンツを降ろして、チンポを出したときに、看護婦(若くはなかったが)
    に普通に見られていたことが、当時のおれは、めちゃくちゃ恥ずかしかった。

    2回目の通院で、手術をし、そのまま家に帰ったのだが、ガーゼをグルグル巻きに
    してあるチンポは、歩くたびに、今まで、感じたことのない痛みが、全身に走り、
    切れそうな痛さだった。
    それに、まだ手術後の出来栄えを見られてもいなかったので、本当に成功なのか
    不自然な感じではないのかなど、手術前よりも毎日が心配だった。

    手術から1週間後くらいに、抜糸のため、通院した。
    この日は、先生がおらず、前回と同じ看護婦がいて、消毒と抜糸をするという。
    おれは、「あれっ、先生は?」
    とつい、言ってしまったが、おれの気持ちを察したのか、
    看護婦は、「消毒や抜糸はいつも私たちがやるのよ。」
    と言って微笑みかけてくれた。
    その時、初めて、看護婦の顔や雰囲気を見たが、
    歳は、35~40歳くらい、体型は、ほっそりはしていないが無駄な贅肉もないような
    程よい体型で、どこにでもいるような容姿で、ただ、癒し系というか、なんとも優しそうな
    包んでくれそうな年上の女性といった感じだった。
    「はい、じゃあ、パンツ降ろして。」
    と言われ、前回よりは、恥ずかしさがなくなったが、やはり胸がドキドキした。
    ガーゼで巻いたままのチンポを出すと、
    「痛くなかった?」
    「パンツに擦れて、かなり痛かったです。」
    「そうだよね。つらいよね。」
    と言いながら、優しくガーゼを取っていく。
    傷口は、やはり痛々しく、これで治っていくのかなと不安に思った。
    「消毒をしますね。」
    と言って、チンポの根本をもたれると、おれのチンポは見る見る内に、
    見事なまでに勃起してしまって、おれは、顔が真っ赤になりながら、
    「すみません。」
    「若いもんね。出してないんでしょ?」
    と慣れた様子で、かつ優しく対応してくれて、より一層、恥ずかしくなったが、
    脈を打つぐらい勃起していて、縫い目が引っ張られ、相当、痛かった。
    考えてみれば、今まで、毎日、オナニーをしていて、この1週間は、1回もしていなかった。
    というより、常に痛すぎて、そんな気にすらならなかった。
    若かったおれは、溜まっていたことや、看護婦に見られ、触られたことや、この状況から、一気に反応してしまったのだ。
    「これじゃあ、抜糸もできないね。困ったな。でも辛そうだね。」
    と同情され、こちらも申し訳ない気持ちになっていると、
    おれは、次の瞬間、耳を疑った。
    「じゃあ、私、出してあげようか。」
    いったい何のことを言っているのか、さっぱりわからなかったおれは、ただ
    「はい。」というしかなかった。
    こんなことが、現実にあるのか、こんな普通のような人が、と思うと、
    頭の中は、真っ白になった。
    看護婦は、縫い目に近いところを、本当にそっと優しく、指先で持つと、
    裏筋を舌で、何回か、下から上にゆっくりと舐めてくれ、パンパンになった亀頭を
    ぱっくりと口に含み、出来るだけ傷口に刺激を与えないよう、口の中だけで、
    暖かく包み込みながら、しかし、つぼをえた技で、クチュクチュと・・・
    おれは、あまりの気持ちよさに一瞬で、看護婦の口の中に大量の精子を
    ぶちまけた。
    おれは、急に気不味くなって、気持ちよかったというのもおかしいのかなとか考えて、
    「ありがとう。」
    と言うと、
    「どういたしまして。」
    と言い、何事もなかったように振る舞い、消毒・抜糸と無事に終わった。

    その後、1カ月もすると、傷口は、完全に回復し、徐々に痛さもなくなり、
    無事にセックスもできた。
    性感は今までよりも良くなった気がする。
    あの日の出来事は、夢だったのでは、ないかと思うような気持ちで、
    何度も思い出しては、オナニーする最高の思い出です。

     

    女の子がフェラチオする時の表情のエッチさに定評のあるフェラチオも併せてどうぞ♪

     

    ただいま人気の体験談

      


    この体験談を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    このカテゴリーのその他体験談
    テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

    Comments


    « »

    10 2017
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    今月のおすすめサイト
    アンテナサイトのピックアップ記事!
    アクセスランキング(7days)
    RSSリンクの表示
    • 最近記事のRSS
      最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
    QRコード
    QR


    Archive RSS Login
    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。