【フェラチオ】「嵐の夜に」途中放棄版【お口で】 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

【フェラチオ】「嵐の夜に」途中放棄版【お口で】


「嵐の夜に」※未完

今年の梅雨は遅れて来たと聞く。
最近の地球はオカシイな、などとカレンダーを見やる。もう7月になろうかという時期に、梅雨は続くようだ。いい加減、ウンザリする。夏が待ち遠しいわけではないが、早く過ぎぬかと、切に願わずにはいられない。
しかし、そんな梅雨にも、思い出はある。——こう言うと、安っぽくなるのだけど——忘れられない思い出が。
***
ゴゴウォーン。
ソラが吼えた。煌めく稲妻はソラを奔る。いくつもの稲妻が、まるで、竜が翔んで、舞っているかのようだった。そして、その舞台たるソラは、黒く渦巻いていた。または、降り頻る雨。時益しにも、それは強く強くと、次第に、窓がノックされた音楽が部屋に響く。それは、ちょっとしたホラーだったのかもしれない。俺にとって、ではなく——妹にとっては。
「ねぇ、雷って、いつまで続くのかな……?」
「ん? 明日には黙るんじゃねーの?」
「ちゃんと、答えてよ!」
適当に、受け流すのは、そろそろ気まずい御年頃だからか。でも、揄[からか]いたくなるのは常であった、まる。
「なんだよ、中3になっても、雷が怖いのか?」
「——なッ!? ちょっと、そんなワケないじゃない!」
「必死になってまで、否定するなよ。冗談だったのに、ホントにビビってるかと思うじゃんかよ? え、そうだったん?」

FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

 
「ば、バカにしないでよねっ!? な、何よ、その表情……頭にキました」
そう言って、襲撃された。
「痛い!」
——なんて、取りあえず言ってみたり。実際、中3女子に打たれたくらい大したダメージにならないけど。早く、この紛争を終結させるための知恵だ。つーかですね、兄が妹に反撃するというのは、世間的に犯罪なのは、どうかと思いマス。だってこの妹、尊属殺人スレスレのコトしてくるのに。あと、リモコンは地味に痛いので、止めてください。
それは、さておき。
俺が先程から、誰と会話していたかと訊かれれば、「妹」と答えるのか。応えてはいても、答えてはいないのだけど。
「月明」——それが、彼女、妹の名前だ。「月明かり」と書いて「あかり」と読む。因みに、と言うか、まぁ。名字は、当然のことながら、俺と一緒。
月明は、まだ、怒って攻撃を続ける。降伏しようかと思ったけど——。
妹の背後の窓で、稲妻ヒカル。第2撃の音が轟く。
「きゃっ!?」
さっきまでの凶暴さは、何処へ行ったのか。随分と可愛い声が出るな、と。俺のしてやったりな笑いを受け、一瞬の、蒼白じみた顔は、やがて赤みを取り戻し、勢い余って、噴火する。
「知ってたなら、教えなさいよ! バカ!」
「え、怖くないんじゃないの?」
「そ、それはそうだけど……! こ、怖いと驚くは、別よ」
疑いたっぷりの視線を月明に投げかける。——あ、ケータイがなった。月明が少しびくっとなった気もしたが……メールは、母からだった。
「月明」
「別に驚いて何か——」
「いや。母さんがメールしてきたんだけど……」
「なんて?」
「『今日は雨がひどいので帰りません。お父さんもです』だってさ」
「えぇ~。お兄ちゃんと二人きり?」
「今の今でそうだったじゃねーか」
「そうだね」
どこか、嬉しそうで。
——と、それから暫く会話を続けた。
ところで、だ。思わぬ事態が起きた。
停電。
部屋は闇に染まり、ソコに棲む魔物が鎌首を擡[もた]げる——。
TVは勿論、エアコン、扇風機はアウト。窓を開ければ、雨が勝ち込んで来る。部屋は蒸し風呂とか、サウナとかいった次元の話だった。家はマンションの一室。自慢ではないが、大した広さではない。
つまり、暑い。蒸し暑いのだ。
そして、やはり雷が怖かったのか、月明は、俺にくっついている。そこで、一言。
「離れね? 暑いんだけど」
「だって、雷が家とか壊すんだよ?」
「お前が、雷で、電波怪人になったんじゃねー?」
「違うもん」
——こんな感じで、会話をし、雷鳴のたびに、俺の腕を圧迫する——胸が押しつけられる。或いは、言葉を吐き出すたびに、俺に熱い吐息が降り懸かる。月明は、なかなかに成長した肉体の持ち主だった。ただ、バカでかい胸だとか、そう言った類の色ではない。体のラインがキレイで、適度に引き締まり、かといっても、柔らかく、熱を感じさせるような——妹は〝女〟だった。
だから、何というか、要するに——〝俺は、妹に欲情していた〟と。
それは、一体どんな意味を持つのか。
だから、それは、言うまでなく——〝俺は、男を滾らせていた〟と。
それは、古い吊り橋のような危うさ。
だから、彼女が、それを知る時——〝俺は、兄でなくなるのだ〟と。
思考が渦巻く、ソラのように、黒々と。バレナイデクレも、バレテシマイタイも、等価に過ぎなかった。俺は、雷なんかよりも、怖いものがここにあったと知る。
しかし、人間は良く出来たモノで、「ダメだ、ダメだ」と思えば思う程、事態は悪くなる——そこが〝良く出来た〟ではなく——この事態を「愉しい」と思うのだ。息が苦しい、汗が滲む、血は滾[たぎ]る。
稲妻が駆ける、爆音を引き連れて。
今度のは、少し大きかった。
「きゃぁっー!!」
そうして、抱きつく妹は、さっきよりも大胆に俺に……。
〝それ以上は……!〟
しかし、そんな思いとは裏腹に、妹は、「あ。」という声を零した。間違いなく、死刑が確定した瞬間と覚悟したけど——
「お兄ちゃん、興奮、しているの……?」
「………………………………………」
終始無言に努めた俺は、ヘタレか。チキンか。ワカメなのか。
「ねぇ、お兄ちゃん。答えよ」
月明の顔は、ゼロ距離だった。吐息が混ざり交[あ]う。
「あぁ——」
自然に洩れた承諾。
「やっぱり♪ だって、私もそうだから」
〝……え?〟
「今何て——!?」
言葉は最後まで、言えなかった。口が使えないんじゃ、仕方ないか。
妹の舌は、俺が口内を泳ぎ、激しく——脳が、咀嚼される。もう、考えるコトは放棄させられた。俺も、月明の口を犯す。そして、絡み合い、酸素を奪うように、求めたった。
部屋に響くは〝ちゅぱ、ぴちゃ、ちゃ、はぁ、んふぅ〟という卑猥な水音と甘い吐息。
「お兄ちゃんのアソコ、とっても、熱い。見るね、」
そう言って、ジャージ(部屋着)を下ろす。男根が、微かな光にテカり、自分でも、こんなに興奮していたのか、と驚く。まじまじと見る月明の呼吸が、男根を蓋[おお]い、圧迫する。
「す、すごいね……苦しそう……」
初めて見る男根。自らの兄の男根。それは、好奇心にも似た興奮だったのかもしれない。
「な、舐めたら、気持ちいいの?」
「あぁ……」
「それじゃ、行くね——はぁっ、っぷ! ちゅぱ——」
妹主導の交わり。ここは、兄らしく指導すべきか。——この時既に、〝ここは、兄らしく止めるべきか〟という選択肢を見失っていた。その理由は、こんな感じの空間にいれば、誰しも抗うコト能わず、というコトだ。部屋に満ちた熱気と欲望は外のソラの様に、渦巻き、俺の脊髄には、稲妻のように、戦慄が奔る。飽和した雨の様に、汗と唾液と愛液とが噴出される。
「ずっっ! んぉお、お、じゅぶ、むう、ちゅぱっ、ぅぁ……う、ぬうぅう、はゃぁあっ——ぁあ、あ! にぇへぇ、きもひぃい?」

・・・・・・・・・・・もう、おもいつかねぇので、ここでやめます。もうしわけないっす。

そこで、誰か、続きを作ってくれることを願うばかりです。募集中です。

 

女の子がフェラチオする時の表情のエッチさに定評のあるフェラチオも併せてどうぞ♪

 

ただいま人気の体験談

  


この体験談を読んだ人はこんな記事も読んでいます
このカテゴリーのその他体験談
テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ