【フェラチオ】包茎相談3:叱咤と努力【お口で】 オナネタ専用エッチな体験談

オナネタに最適なエッチな体験談を集めてまとめています!画像や動画よりも文章で興奮する方はぜひご利用ください!



最新ニュース速報

【フェラチオ】包茎相談3:叱咤と努力【お口で】


芳子「私が初めて付き合ってエッチをしたのが15歳、中3の時で、相手は1つ下の部活の後輩。ウチのお父さんも祐平みたいに少し恥ずかしがり屋で、ちんちんを見せなくてね、それまで、ちんちんを見たことがなかった私にとって、彼とエッチをすることになった時は凄く興味があったんだ。もちろん、保健の授業とかで絵で勉強はしたけど、実物を見るのはその時が初めてでサ。最初は試験管みたいなんだろうなって思ってたんだけど、おちんちんを見た時はビックリしちゃってね。イメージと違って大きくて血管もあって、皮もしっかり剥けててね。当然、彼も初めてだったから大きくなってたんだけど、私、思わず近くにあった巻尺で長さを測っちゃったの。そしたら、20センチもあって、中2でこんなに大きいんだぁと思って驚いたの。中2って言う事はまだ成長期だからこれからまだ大きくなるんだなと思ってね。次に付き合ったのは高2の時で、相手は同級生。私、付き合った人のおちんちん、全部測ってるのよ。その人は22センチだったかな。やっぱり、高校生になると大人で、しっかり剥けてたね。1番大きかったのは、次に付き合った人だね。私が20歳の時で、相手は一回り上の32歳だった。凄く大きくて25センチもあった。小さくなった時でも14センチあったね。それで、その後で付き合ったのが今の旦那。旦那も高校生の頃に付き合ってた人と同じ位あったかな?だから大体の一般の大人のおちんちんは分かるんだ。みんな、それ位なんだよね。私、色々見てきてるから大丈夫だよ。」
何と、芳子が今まで見てきたペニスは全て祐平の包茎より遥かに大きいものだった。芳子は20センチ位のペニスが一般成人男性の大きさだと思っており、祐平の手の中に隠されているペニスもその位だろうと予想していた。それだけに大人の包茎のペニスに興味津々だった。逆に祐平は自分の包茎がそのどれにも劣って小さい事に衝撃を受けていた。何度も男性との肉体関係を持った芳子からすれば祐平に安心させたつもりでいたが、反対に祐平は自分の包茎が他人のものより著しく小さい事を知らされ、余計に見せられないでいた。
何秒か沈黙が続き、祐平は未だに股間を手で隠していた。
すると、さすがに芳子は祐平の態度に嫌気が差したのか、「はぁ、」と溜め息を捨てた後で鋭く言った。
芳子「祐平、もういい加減にしなさい。」
祐平「ご、ごめんなさい」
祐平は少し怯えたように言った。
芳子「何度も言ってるけど、先生、祐平にもっと自身を持ってもらいたいの。先生だって、恥ずかしい事を今話したんだよ。それとも、ここまでしておいて、結局何も変わらなくていいの?」
祐平「い、いや」
祐平は芳子の質問に否定した。
芳子「だったら、さっさと手を退けなさい!」
今までゆっくり自分のペースで脱いでごらんと優しく話していた芳子はさすがに待ちきれない様子できつく祐平に当たってしまった。祐平は驚いたが、次の瞬間、芳子は我に帰ったように怒った事を後悔し、祐平に謝罪した。
芳子「ごめんなさい、こんなに言ったら余計、いやだよね。」
祐平「い、いえ、僕に自信がないのが悪いんです。」
祐平も弁解した。

FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^

 
芳子は続けて、今度は優しく質問する。
芳子「それで、どうする?見せられる?」
祐平「・・・」
祐平は沈黙した。
芳子「やっぱり、まだ恥ずかしい?」
祐平「は、はい、なかなか踏み切れなくて・・・」
芳子「そっか」
祐平「すみません」
すると芳子はある考えを話した。
芳子「じゃ、先生も脱ぐから、そしたら見せてくれる?」
祐平は唖然とした。
芳子「いくら祐平に自信を持たせようと言ったって、祐平だけが脱ぐなんて可哀想だよね。それじゃあ、見せられないよね。ましてや祐平にとっては初めて女性に見せるんだし。ごめんね。それでもここまで脱いでくれてありがとう。」
先程、怒っていた芳子とは異なる優しい気の利いた言葉だった。祐平は芳子が本当に親身になって相手をしてくれていることが大変有難かった。だが、同時に芳子が脱ぐ事に興奮し、一度は少し萎縮した包茎が祐平の手の中で大きくなっていった。
祐平「わ、分かりました。今度こそ」
芳子「本当だね。」
芳子は念を押すと祐平は小さく頷いた。
普段より芳子はファッションには疎く、昔からジャージを着る事が多かった。数学の教師であったが、女子バスケットボール部の顧問でもあるため、授業中もジャージで行う事が多かった。
その日も芳子は下着の上に黄色いTシャツと紺色の短パン、その上から紺色のジャージを履き、同色の上着を羽織っていた。
祐平の返事にやや疑問を感じながらも芳子は立ち上がり、上着のジャージを左肩から外し、脱いでいった。黄色い半袖のTシャツの裾口から白い腕が伸びていた。決してモデルの様に細い訳ではなく、幼い子供を育てている事が伝わる様な若い母親の腕だった。そして、紺色のズボンの腰ゴムに親指を掛け、膝下まで下ろすとしゃがんで足首まで下ろし、片脚ずつ脱いでいった。膝の辺りに少し皺の寄った白い脚が露出した。これもまた、決して細くもなく、30代半ばにしては少しだけ若さのある弾力的な脚だった。芳子のTシャツ、短パン姿は珍しい訳ではなく、暑い夏の日には度々、この姿で過ごしており、祐平も高校時代に良く見かけたものだった。その頃と比べれば少し歳を取った事を感じるが、それでも34歳と言う年齢と比較すると少し若さも感じられる肌であり、この状況下において、祐平を興奮させるには十分であった。それでも祐平は必死に股間を両手で塞いでおり、芳子からは少しの隙間も覗けなかった。祐平の包茎からは我慢汁が出ていたが、それが零れない様に、また見られない様に一生懸命に手で隠し、指は我慢汁で濡れていた。芳子は、そんな祐平の姿を見て、微笑むように話しかけた。
芳子「一生懸命なんだね。」
祐平にはどういう意味かは分からなかったが、芳子は裸で懸命に股間を押さえている自分の教え子に初めて可愛らしさを感じた。
すると芳子は後ろを向き、Tシャツの腹部分に腕を掛け、下から捲くる様に脱いで見せた。祐平からは芳子の背中が見え、薄く背骨のラインが見え、背中にブラジャーのホックが掛かっていた。腰は大きな括れはなく、全体的にやや丸みを帯びた印象だった。芳子が短パンの腰ゴムに指をかけ、膝まで下ろすと、そのまま床に落とす様に脱いでいった。純白のパンツが祐平の目に入ってきた。芳子のヒップサイズは85cmと標準であり、普段から運動をしている為、垂れてなく、引き締まった丸い形をしている。その白いパンツには尻の割れ目に沿うように少し皺が寄っていた。
すると芳子は腕を胸の下に組んで祐平の方を向いた。純白のオーソドックスなブラジャーに包まれた御碗型の胸が出てきた。芳子のバストサイズはトップ86cm、アンダー68cmのDカップである。ウエストは70cmと目立った括れはなく、少しお腹の出た体型をしている。肌は白く、一児の母を感じさせる体付きである。出産を経験した為か、胸は大きくなった様子で、同時に腹部にも脂肪が少しついてしまった様子である。それでも祐平には女性としての魅力を感じていた。
芳子「こんなオバさんの体でごめんね」
芳子は若干恥ずかしがりながら話した。祐平にとって女性の下着姿を見るのは初めてであったため、凄く興奮していた。
祐平「い、いえ」
祐平は股間を押さえながら首を横に振った。祐平の手で隠された包茎は既に自らの我慢汁で滴りそうなほど濡れていた。
すると芳子は祐平の所へ歩み寄った。
(つづく)

 

女の子がフェラチオする時の表情のエッチさに定評のあるフェラチオも併せてどうぞ♪

 

ただいま人気の体験談

  


この体験談を読んだ人はこんな記事も読んでいます
このカテゴリーのその他体験談
テーマ : えっちな体験談・告白    ジャンル : アダルト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今月のおすすめサイト
アンテナサイトのピックアップ記事!
アクセスランキング(7days)
RSSリンクの表示
  • 最近記事のRSS
    最新記事を読みたい方は↑からRSSの購読をしてください。
QRコード
QR


Archive RSS Login
アクセスランキング ブログパーツ